全身麻酔 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 外科・手術療法 > 全身麻酔

    全身麻酔






    全麻
     
    1. <投与経路による分類>
     1)吸入麻酔:麻酔ガスを酸素とともに肺に吸入させて、肺静脈から左心を経て
    中枢神経系に達する方法。
     2)静脈麻酔:末梢静脈から心臓を通過して中枢に達する。
     3)筋肉内麻酔:筋肉内に投与した麻酔薬が静脈に吸収され、あとは2)と同じ経路をとる。
     4)直腸内麻酔:直腸内に投与された麻酔薬が直腸粘膜内の静脈に吸収されて、
    その後は2)と同じ。
     
    2. 全身麻酔の4大要素
     手術のための全身麻酔は次の四つの要素を満足させなければならない.
                 1.無痛 
                               主たる目的であり、これが不十分であれは頻脈、高血圧や
    不規則な呼吸などを生じる。
    極端な場合には体動により手術ができない。
                 2.意識の喪失 
                 3.筋弛緩 
                               手術する外科医にとって、たとえば腹筋が十分に弛緩していれば、
    そうでない場合に比して手術は非常に行ないやすく、かつ短時間のうちに
    終了させることも可能。
    4.有害反射の除去
                 たとえは、浅麻酔時に外科的操作によって不整脈が生じたり、
    胃の牽引などによって腹腔神経叢反射により
    低血圧などが生ずることがあり、このような反射の予防および
    治療が必要である.
     

    3.局所麻酔と全身麻酔の併用
     一般に麻酔の4大要素を1種類の薬物で満たそうとすると副作用が強くなり、リスクの高い患者には用いられないことが多い。そこで何種かの薬物を少量ずつ用いることにより、それぞれの要素を満たし、かつ副作用を減じようとする方法がとられている.
     これをバランス麻酔(balanced anesthesia)という.

     

    関連記事




    [ 2006/03/03 21:48 ] 外科・手術療法 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten