意識レベルの評価 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 薬理学 > 意識レベルの評価

    意識レベルの評価






    意識レベルの評価
    JCS
    (Japan Come Scale)
     
    覚醒(目を覚ますこと)の程度を9段階で表し、数値が大きいほど
    意識障害が重いことを示しています。
     
    Ⅰ.刺激しないで覚醒している状態
    1.ほぼ意識清明だが、今ひとつはっきりしない
    2.見当識(時・場所・人の認識)に障害がある
    3.自分の名前や生年月日が言えない
    Ⅱ.刺激すると覚醒する状態 (刺激をやめると眠り込む)
    10.普通の呼びかけで目を開ける。「右手を握れ」などの指示に応じ、言葉も話せるが間違いが多い
    20.大声で呼ぶ、体を揺するなどで目を開ける
    30.痛み刺激をしながら呼ぶとかろうじて目を開ける。「手を握れ」など簡単な指示に応じる
    Ⅲ.刺激をしても覚醒しない状態
    100.痛み刺激に対し払いのけるような動作をする
    200.痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめる
    300.痛み刺激に反応しない
     
    乳幼児の意識レベル判定法
     
    Ⅰ.刺激しないでも覚醒している状態
    1.あやすと笑う。ただし不十分で、声を出して笑わない
    2.あやしても笑わないが、視線は合う
    3.母親と視線が合わない
    Ⅱ.刺激すると覚醒する状態(刺激をやめると眠り込む)
    10.飲み物を見せると飲もうとする。あるいは乳首を見せれば欲しがって吸う
    20.呼びかけると開眼して目を向ける
    30.呼びかけを繰り返すと、辛うじて開眼する
    Ⅲ.刺激をしても覚醒しない状態
    100.痛み刺激に対し払いのけるような動作をする
    200.痛み刺激で少し手足を動かしたり、顔をしかめる
    300.痛み刺激に反応しない
     
    GCS
    (Glasgow Come Scale)
     
    開眼、言葉による応答、運動による最良の応答の観察項目について、
    それぞれ4、5、6点満点で判定し、
    各項目の合計得点を指標としています。
    3~8点が重度、9~13点が中等度、14、15点が軽度。 
     
    大分類
    小分類
    スコア
    A.開 眼
    自発的に目を開ける
    声をかけると目を開ける
    痛み刺激によって目を開ける
    目を開けない
    B.言葉による応答
    だれか、どこか、いつかに答えられる
    会話が混乱する
    まとまりのない言葉が出る
    言葉にならない声だけが出る
    言葉が出ない
    C.運動による最良の応答
    指示に従う
    痛み刺激の場所に手足をもってくる
    痛み刺激から逃げる
    体を異常に曲げる
    四肢を伸ばした状態
    まったく動かない
     
    関連記事




    [ 2006/03/18 13:42 ] 薬理学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten