嚥下困難 通過障害 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 病理学 > 嚥下困難 通過障害

    嚥下困難 通過障害






    嚥下困難
     嚥下とは、飲食物を口腔から胃まで送る一連の動作である。それは三叉、顔面、舌咽、迷走、舌下の諸神経と、口腔、咽頭、喉頭、食道
    の多くの筋肉との複雑な機構により円滑に行われている。この諸器官が種々の原因で、機能的又は、器質的障害をきたすと、食塊や、液体の通過が、妨げられる。このような状態をいう。

    [要因]
    1.口腔、咽頭、喉頭部、食道の腫瘍による狭窄からくるもの。
    2.運動神経の麻痺で、嚥下時の咽頭の共同反射運動が不充分なとき
    3.知覚鈍麻で、気道内誤嚥の防止機構が、円滑にはたらかないとき
    4.強い痛みの為に、嚥下運動が行なえないとき。
    5.心身症によるもの。

    [症状]
    1.固形物が通りにくく、次第に水も通らなくなり、唾液を嚥下できなくなると、流涎がおこる。
    2.神経性のものでは、固形物は、嚥下しやすいが、水を飲むと、むせたり、鼻に逆流したりする。

    [治療]
    1.腫瘍では、手術・抗癌剤による腫瘍の縮小をはかる。
    2.全身疾患や急性伝染病、精神疾患の一症状としての嚥下困難の場合は、基礎疾患の治療に努める。
    3.症状により、流動食の摂取、経管栄養、中心静脈栄養を、考える

    [看護のポイント]
    1.嚥下困難の程度を、充分に把握し、適切な栄養方法を考える。
    2.摂取カロリー、ビタミン、電解質の補給は、充分であるか?
    3.筋麻痺がある時は、健側の頬部の方に食物を入れる。
    4.誤嚥による肺合併症の予防に努める。
    5.嘔気、嘔吐、便秘、下痢に注意する。
    6.ノイローゼ、ピステリーの場合は、精神的安静をはかる。
                                

    通過障害
    ・器質的通過障害
     食塊の通過(口腔~食道)の通過障害、および周囲臓器の圧迫、癒着等の器質的障害による通過障害・機能的通過障害
     飲み込む諸筋を調節している脳神経や筋肉そのものの異常による通過障害

    [要因]
    1.口腔、咽頭、喉頭、食道の腫瘍による狭窄によるもの。
    2.甲状腺腫瘍、頚部リンパ腫などの頚部よりの圧迫浸潤、縦隔腫瘍 肺癌などの胸部疾患の浸潤圧迫によるもの。
    3.反回神経麻痺、重症筋無力症、進行性筋ジストロフィー、アカラシアなどによるもの。

    [治療]
    1.腫瘍では手術、抗癌剤による腫瘍の縮小をはかる。
    2.栄養状態を改善するため、チューブ栄養、流動食、それができないときは中心静脈栄養を考えなければならない。

    [看護のポイント]
    1.食事摂取状態の観察をする。
    2.摂取時の疼痛、むせる、つかえる、逆流など観察する。
    3.嚥下しやすい形の食物を与える。
    4.阻しゃくを充分に行う。
    5.軟らかく栄養のあるものを与える。
    6.刺激の少ないものを与える。
    7.経口的に摂取できないときは、鼻腔からマーゲンチューブを挿入し、流動食を注入する。速度は早すぎないように注入する。カテーテ
    ルがつまらないように、注入後は必ず、白湯か番茶を通す。注入しないときは抜けないように固定しておく。
    関連記事




    [ 2006/08/11 20:18 ] 病理学 | TB(0) | CM(1)
    助かりました!  これでまとめが書けます♪
    [ 2012/09/26 02:27 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten