利尿薬 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 薬理学 > 利尿薬

    利尿薬






    利尿薬

     1.炭酸脱水酵素阻害薬
     糸球体で濾過された重炭酸イオン(HCO3-)は、80%が近位尿細管で再吸収される。重炭酸イオンは、接合尿細管(CNT)、集合管(CCD、OMCD、IMCD)では、再吸収と分泌が行われる。
     近位尿細管の管腔側の刷子縁には、炭酸脱水酵素(CA:carbonic anhydrase)が豊富に存在し、重炭酸イオンと水素イオン(Na+/H+交換輸送体により分泌される)との反応で生成される炭酸(H2CO3)を、水(H2O)と炭酸ガス(CO2)に、分解している。炭酸ガスは、尿細管細胞内に拡散し、炭酸脱水酵素により、再び、炭酸(H2CO3)が生成され、
     炭酸脱水酵素阻害薬のacetazolamide)は、主に、近位尿細管の管腔側で、炭酸脱水酵素(CA)を阻害し、Na+の再吸収を阻害し(尿中へのNaHCO3排泄が増加する)、利尿効果を現わす(体液は酸性に傾く)。
     炭酸脱水酵素阻害薬は、温和なNa利尿と、尿中への重炭酸イオン(HCO3-)排泄増加を示す。

     2.ループ利尿薬 
     太いヘンレ上行脚(TAL:thick ascending limbs)は、水透過性が低く、NaClは、管腔側のNa+-K+-2Cl-共輸送体(NKCC)により、能動的に再吸収される。Na+-K+-2Cl-共輸送体により再吸収されたNa+は、血管側(基底膜側)のNa+/K+-ATPase(Naポンプ)により、汲み出される(再吸収される)。K+は、管腔側のK+チャネルにより、再び、尿中に排泄される。Cl-は、血管側のCl-チャネルにより、汲み出される(再吸収される)。
     ループ利尿薬(loop diuretics)のfurosemide(フロセミド)は、近位尿細管に於いて、尿細管腔内に分泌され、太いヘンレに於いて、管腔側のNa+-K+-2Cl-共輸送体の作用を阻害し、NaClの再吸収を抑制し、利尿効果(利尿作用)を現わす。

     3.サイアザイド系利尿薬
     Na+-Cl-共輸送体(NCC)は、遠位尿細管の尿細管腔側に存在し、Na+とCl-を共輸送(能動輸送)する。
     サイアザイド系利尿薬(thiazide)は、Na+-Cl-共輸送体を阻害し、Na+やCl-の再吸収を抑制する。サイアザイド系利尿薬により、遠位尿細管のNa+-Cl-共輸送体が阻害され、Na+の再吸収量が減少すると、体内のNa+が欠乏し、糸球体濾過量(GFR)が減少し、近位尿細管での水・電解質の再吸収が促進される。サイアザイド系利尿薬は、近位尿細管に於いて、尿細管腔内に分泌され、原尿中を輸送され、遠位尿細管(接合尿細管:CNT)に於いて、Na+-Cl-共輸送体(NCC)を抑制し、NaCl再吸収を抑制し、利尿効果を現わす。
     サイアザイド系利尿薬は、Na+の再吸収を抑制し、Na+の排泄を増加させることと関連して、降圧作用を現わすので、利尿薬(利尿剤)としてより、むしろ、降圧剤(血圧降下剤)として、使用される。

     4.抗アルドステロン薬
     アルドステロンは、集合管の細胞内のアルドステロン受容体と結合し、核内に移行し、アルドステロン誘導蛋白質(aldosterone induced protein:AIP)の合成を促進する。その結果、尿細管腔側のNa+チャネル(ENaC:epithelial sodium channel)が増加し、また、Na+/K+-ATPaseが活性化され(ATP供給が増加する)、Na+の再吸収が増加する。また、Na+チャネルの増加に伴い、負の管腔内電位が深くなり、K+チャネルによるK+排泄(分泌)が増加する。
     抗アルドステロン薬のspironolactoneは、アルドステロンに構造が類似していて、アルドステロン受容体と結合して、アルドステロンの作用を阻害する(拮抗する)。その結果、Na+の再吸収が抑制され、Na+の排泄が増加し、利尿効果が現れる(K+の排泄は減少する)。
     抗アルドステロン薬は、うっ血性心不全、肝硬変、ネフローゼ症候群などの二次性アルドステロン症による浮腫などに、単独、又は、ループ利尿薬と共に、用いられる。

     5.直接作用薬
     amiroride、triamtereneは、アルドステロンと無関係に、直接、尿細管に作用して、Na+の再吸収を抑制し、利尿効果を現わす(K+の分泌をは、減少させる)。
     amirorideは、遠位尿細管の遠位曲尿細管:DCT)と接合尿細管(CNT)、集合管(CCD、OMCD、IMCD)の尿細管腔側のNa+チャネル(ENaC)を抑制し、Na+の再吸収を抑制し、Na+の排泄を増加させ、利尿効果を現わす。
     triamtereneは、利尿効果の発現が、抗アルドステロン薬のspironolactoneより早く、又、K+保持性も強い。
     直接作用薬と、抗アルドステロン薬は、カリウム保持性利尿薬(K+保持性利尿薬)。カリウム保持性利尿薬の利尿効果は、ごく弱い。

     6.利尿薬の利尿作用の比較
     上記の利尿薬は、Na+の再吸収を抑制する(Na+の尿中への排泄を増加させる)ことで、利尿作用を現わす。
     
     7.利尿薬の副作用
     ループ利尿薬のfurosemide(フロセミド:薬剤名、ラシックス等)は、利尿薬の第一選択薬であり、サイアザイド系利尿薬と異なり、腎血流量、糸球体濾過量(GFR)を減少させない。

     抗アルドステロン薬のspironolactoneは、尿中へのK+排泄を減少させる。その為、抗アルドステロン薬は、高カリウム血症を誘発する恐れがある。抗アルドステロン薬は、無尿、又は、急性腎不全の患者に投与すると、高カリウム血症を誘発、又は、増悪させる恐れがある。抗アルドステロン薬のspironolactoneは、高カリウム血症、低ナトリウム血症の電解質異常や、代謝性アシドーシス等の異常を現わすことがある(,異常が認められた場合には,減量又は休薬等の適切な処置を行うこと。電解質異常に伴い、不整脈、全身倦怠感、脱力等が、現れることがある。
      
     利尿剤の副作用により低Na血症を来たすと、脱力、起立性低血圧を起こす。Na濃度が120mEq/L以下になると、意識障害を伴うこともある。肝硬変患者では、低K血症により、腎尿細管で、アンモニア産生が増加する。

     低K血症は、ループ利尿剤により、尿中へのK+排泄が増加すると、起こり易い。

     ループ利尿薬は、Ca排泄促進作用があり、高Ca血症に治療に用いられる。

     高尿酸血症は、ループ利尿薬とサイアザイド系利尿薬の副作用として、見られる。

     ループ利尿薬とサイアザイド系利尿薬は、長期投与すると、コレステロール、LDLコレステロール、トリグリセリド(中性脂肪)値が、上昇する。又、耐糖能低下も見られる(低K血症により、インスリンの分泌が低下する)。
    関連記事




    [ 2006/08/13 11:45 ] 薬理学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten