血尿と尿潜血反応 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 検査 > 血尿と尿潜血反応

    血尿と尿潜血反応






    血尿と試験紙法による尿潜血反応

    ◇沈渣の赤血球 0:56.5% が潜血反応 (-) で
     一致率は 79.6% (+- は - とする)
    ◇潜血反応 (-):96.9% は赤血球 0 = 一致率:74.1%
    ◇潜血反応 (-) なら一応血尿を否定(スクリーニング程度)
     潜血反応の強度は赤血球の数と相関しない
    ◇浸透圧で赤血球が壊れるような尿が排出されることはない
    ◇赤血球 (+) で潜血反応 (-):試験紙の劣化・ビタミンC・粘液成分高度な尿
    ◇赤血球 (-) で潜血反応 (+):放置尿・変形赤血球・ヘモグロビン尿
     ミオグロビン尿・精液混入・上皮細胞多量混入

    ※横紋筋融解症では潜血反応 (+) でも沈渣は赤血球 (-) であることを覚えておく。

    関連記事




    [ 2006/08/16 12:58 ] 検査 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten