BUN/クレアチニン (BUN/Cr) 比 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 検査 > BUN/クレアチニン (BUN/Cr) 比

    BUN/クレアチニン (BUN/Cr) 比






    ※正常では BUN/Cr はほぼ10 である。

    1. BUN/Cr >10
     a. 消化管出血
       :窒素源の増大
     b. 腎機能低下時高蛋白摂取
       :蛋白質価の増大
     c. 蛋白異化亢進、熱傷・発熱・消耗性疾患
       :窒素源の増大
     d. 大量副腎皮質ステロイド、テトラサイクリン投与
       :薬剤による蛋白同化作用の阻害
     e. 脱水、重症心不全、大量体外出血
       :尿素再吸収の増大
     f. 尿路閉塞、尿管直腸吻合
       :尿素再吸収の増大

    2. BUN/Cr <10
     a. 腎機能低下軽度時必要以上の蛋白制限
       :窒素源の低下
     b. 透析施行後
       :BUN の除去率が増加
     c. 重症肝障害
       :尿素生成の低下
     d. 妊娠
       :循環血漿量、GFR の増大
     e. 横紋筋融解症
       :Cr 生成の増大

    関連記事




    [ 2006/08/16 13:02 ] 検査 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten