おつかれ様でした 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > [看護学生]無駄話 > おつかれ様でした

    おつかれ様でした






    国試おわりました。
    受験生の方々。本当におつかれ様でした。


    もう終わったんですよ。
    もう勉強しなくていいんですよ・・・
    うれしいです


    りんこの自己採点では、一応ライン内かなぁ~って手ごたえでした。
    今年は、午前問題はわりと解きやすかったですよね。
    午後は・・・凍りつきましたけど。

    優先順位を問うものや、看護の視点を問われる問題っていうのは、漠然としてて・・・・
    本当に、何回見直しても「答えはどれだよぉ~」って泣きたくなりました。

    そこで。
    現在実習中の皆さん。
    ぜひぜひ、実習中にそのあたりを充分学んでおく事をおすすめします。
    できれば、色々な疾患、色々な症状の患者さんを担当することができれば、ラッキーだと思います。
    りんこも、問題を解きながら、「ああ。あの患者さんのときは、こうしたから・・・」と、数々の実習の思い出に浸っておりました(汗)

    それと。
    是非おすすめしたいのは!!

    解剖生理。

    コレ大事ですよ。
    国試対策をはじめて、やっと気付きました。

    解剖を征する者は全てを征する!!

    解剖がわかれば、疾患のつながりもわかります。
    症状の経過も予測できます。
    薬の作用まで理解しやすくなるから、副作用までわかります。

    ああ。もっと早く解剖を理解できていれば・・・

    これが、りんこ最大の後悔です。
    理解できれば、楽しいです。
    スゴく厄介ですが、とにかく解剖です。

    まずは、病気に関係ないでしょ~って思いがちな細胞の役割から勉強してみてください。
    ヒトのからだの基本は細胞です。
    細胞がわかれば、エネルギー代謝、酸塩基平衡、膠質浸透圧も理解できます。
    細胞レベルの異常をきたさないのが健康であることです。
    代謝が悪い原因がどこにある?
    PHの異常はどうして?
    浸透圧が変化すると何が起こる?

    ココですよ。ココ。

    なので、実習で忙しい皆さんも、疾患の勉強の前に、一度解剖を見直してみてくださいね。

    実習がまだ人!
    さあ。解剖生理に突き進みましょう!!!


    ああ。
    解剖生理勉強しろって言ってた先生の言葉を信じておけば良かった・・・という、りんこの後悔の大きさが、ココまでしつこく、解剖生理をおすすめしている訳なのよ・・・

    時は金也。

    国試まであっという間ですよ!がんばれ~~~。

    (というわけで、解剖生理については、今後の仕事にも大切だと思うので、りんこも、復習したいと思ってます。看護学生学びの部屋に少しづつUPしますね~)
    関連記事




    [ 2007/02/27 00:00 ] [看護学生]無駄話 | TB(0) | CM(1)
    そういえば、国試の傾向は実習中心な問題になっていくみたいですね。(午後のことかな?)
    [ 2007/03/02 09:40 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten