チェ-ンスト-クス呼吸の定義と看護 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 呼吸器 > チェ-ンスト-クス呼吸の定義と看護

    チェ-ンスト-クス呼吸の定義と看護






    チェ-ンスト-クス呼吸

    定義:1800年代にJhon-CheneとWiliam-Sto
       kesが記載した異常呼吸で無呼吸または、著明な減弱呼吸が
       5秒ないし30秒あり、次の深さと数とが次第に増大して過剰
       換気の状態に達するとともに、今度は深さと数とが減少しはじ
       め、ついに無呼吸の状態に戻り、これを反復するものである。

    病態生理:さまざまな原因により呼吸中枢感受性が低下している時に
       出現する。呼吸が減弱しPaCo2が上昇し、呼吸中枢はこれ
       に刺激されて呼吸運動を起こすが、その結果PaO2が上昇し
       PaCo2が低下すると呼吸刺激がなくなり呼吸運動が弱まる
       これの反復ある。この時、呼吸の深さとPaCo2、SaO2
       との間に数十秒のずれがみられるのは、肺~脳間循環時間の延
       長があるためとされている。

    病因:脳卒中、脳腫瘍、脳外傷、尿毒症、心不全、睡眠剤、麻薬服用
       時、脳の発育途上の乳児の睡眠中に見られる。

    治療:異常呼吸を来した原疾患を、まず把握し治療を要すか要さない
       かを鑑別する。PaCo2は正常ないし低値を示すことが多い
       ので、治療の主体はO2の補給により中枢の感受性を高めるか
       Co2を加えてやるかである。

    看護のポイント:臨終時の異常呼吸であるので、総合的な看護が必要
     1.呼吸状態の観察
     2.一般状態の観察
       意識レベル、消化管症状、循環器症状、出血の有無、全身状態
     3.酸素吸入、呼吸中枢刺激症状や循環器症状改善用剤等の救急薬
       の準備、気道確保や呼吸補助器が直ちに使用できるよう準備
     4.治療を要さない場合は、回復の見込みのない呼吸であるので患
       者だけでなく、家族への配慮が大切
     
    末期看護   口腔・気道が乾燥しないように口腔清潔と湿潤。
            心身の苦痛を除去し、心の慰安を図る。
            家族に状況を説明し、不安の除去に努め終末期の看
            とりができるよう支える
    関連記事




    [ 2007/03/24 16:07 ] 呼吸器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten