調節呼吸 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 呼吸器 > 調節呼吸

    調節呼吸






    調節呼吸

     『CMV』と呼ばれているもので、患者の自発呼吸が全くないかあ
    るいはごく弱い場合、または強制的に呼吸を抑制して呼吸のすべてを
    呼吸器に任せる時に用いられるモ-ドである。呼吸器のみによる呼吸
    であるので患者の換気量は呼吸器で設定した一回換気量と呼吸回数で
    決定される。
     原因として①手術中②手術後③呼吸不全の3つが考えられる。
    ③呼吸不全の分類
     A呼吸運動の障害
      ①筋弛緩剤使用中 ②神経筋疾患(ポリオ.ギランバレ-症候群
      重症筋無力症.筋萎縮性側索硬化症) ③中毒(薬物.ふぐ)
     B肺自体の機能障害
      ①新生児特発性呼吸障害症候群 ②成人呼吸窮迫症候群 ③慢性
      閉塞性肺疾患
     C他臓器の機能障害
      ①左心不全→肺水腫→肺性心 ②静脈血栓→肺梗塞 ③肋骨骨折
      ④胸壁穿通外傷 ⑤中枢神経系疾患
     D代謝亢進
      ①敗血症 ②外傷 ③手術後回復期

     人工呼吸器装着中の患者の看護
    ①時間毎セッティングをチェックし指示通り作動しているか確認する
    ②全身の観察を行なう。(バイタルサイン、胸部の聴診、胸部の動き
     のチェック)
    ③2時間毎に体位交換、吸引、理学療法を行なう。
    ④時間毎の水分、尿量のバランスチェックを行なう。
    ⑤加湿器の水分量をチェックし、8時間毎に交換する。吸気湿度は、
     体温と同じ位の湿度が望ましい。
    ⑥日に数回関節運動を行ない、口腔ケア、眼のケアも行なう。
    ⑦高圧カフの場合、定期的にdeflatする。
    ⑧気管内挿管の合併症(気管の損傷、チュ-ブの閉塞、肺感染症、肺
     虚脱)の予防を行なう。
    ⑨心身の安静、安楽。
    関連記事




    [ 2007/03/24 16:13 ] 呼吸器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten