胸痛の看護 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 循環器 > 胸痛の看護

    胸痛の看護






    胸痛

    胸壁及び胸腔内諸臓器の病変によることが多いが、その他,腹腔内
    臓器の病変あるいは、全身性疾患の一つの症候としても発生する。

    要因:①胸壁からの疼痛-肋間神経の知覚線維をかいするもの
       ②心臓からの疼痛-心筋の虚血、心膜の炎症、心臓神経痛
       ③脊椎からの疼痛-脊髄(炎症、腫瘍)
       ④心臓以外の胸腔内器官からの疼痛-大動脈、肺、気管支、縦
                        隔、食道など
       ⑤腹部内器官からの関連痛-胃、肝、胆道

    症状:冷汗、チアノ-ゼ、発熱、咳、嘔吐、呼吸困難

    治療:原因疾患の治療、鎮静剤の投与、酸素吸入

    看護:①観察-バイタルサイン、胸痛の性状、随伴症状の有無
       ②安楽な体位
       ③心身の安静
       ④温湿布-筋肉痛の緩和のため
    関連記事




    [ 2007/03/29 16:44 ] 循環器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten