徐脈 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 循環器 > 徐脈

    徐脈






    徐脈

    通常1分間60回以下の脈拍数の減少をいう。

    原因としては心電図上次のようなものがふくまれる。
    ①洞徐脈は迷走神経の興奮によることが多く、脳圧こう進、高血圧、
     粘液水腫、老人、スポーツ心などにみられる。
    ②房室結節調律は毎分40~60回で洞結節の機能低下や洞房ブロッ
     クに伴い、下位の補充調律として作動する。
    ③心室固有調律は前者よりさらに下位の自動中枢として完全房室ブロ
     ックの時に発生し毎分30回前後の拍数を示す。触診で徐脈の診断
     がついても、その機序の診断には心電図が必要である。生理的なも
     ので治療を必要としないものから、人工ペ-スメ-カ-植え込み術
     を要するものまで様々である。
    関連記事




    [ 2007/03/29 16:47 ] 循環器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten