傾眠状態 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 脳・神経 > 傾眠状態

    傾眠状態






    傾眠状態

     様々な刺激で覚醒し、刺激を止めると眠り込む状態を言い、覚醒し
    ている時は、随意運動や発語を認める。
    3-3-9度(Japan coma Scale)ではⅡ桁を評価
    される意識障害である。

    (要因)
       ・脳神経系原発の疾患によるもの
        1脳血管障害(脳出血、脳梗塞、クモ膜下出血)
        2頭部外傷(脳挫傷、脳内出血、硬膜下出血)
        3脳腫瘍
        4感染症(脳膿瘍、脳炎)
        5その他
       ・二次性のもの
        1代謝性障害(底血糖、肝性脳症、尿毒症、糖尿病、中毒)
        2循環障害
        3その他


    関連記事




    [ 2007/03/31 14:44 ] 脳・神経 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten