全身状態評価とASA分類 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 検査 > 全身状態評価とASA分類

    全身状態評価とASA分類






    全身状態評価とASA分類
     アメリカ麻酔学会 American Society of Anesthesiologists

    1度 手術対象となる疾患以外に,全身的に疾患がない.手術対象の疾患は局所的で,全身障害を起こさない
    2度 軽度ないし中等度の全身疾患を有する
    3度 重篤の全身疾患を有する
    4度 重篤な全身疾患を有して,生命の危険な状態
    5度 死にかかった状態で,生存の可能性はほとんどないが一か八かの手術を受ける

     この分類は「手術との兼ねあい」という尺度は入っていない。「患者の状態はよくないのだが手術が小さいからリスクはよいと評価しよう」とは考えない。ただ患者の「全身状態」のみを分類する。


    関連記事




    [ 2008/08/15 14:08 ] 検査 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten