熱中症 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 病理学 > 熱中症

    熱中症






    熱中症

    概念
    温熱環境によって生じる疾患の総称
    熱射病、熱疲労、熱痙攣、熱失神、熱テタニー、熱浮腫、汗疹などが含まれる
    体温上昇がなければ、相対的あるいは絶対的な循環血液量の減少とNa欠乏性脱水であることが多い
    熱射病は熱中症の最重症型で他の熱中症との鑑別が重要となる
    日射病という用語は用いない


    熱失神

    概念
    直射日光による皮膚の血管拡張や、運動による筋血流増加のために、脳血流量が減少し発症する

    症状
    めまい、ふらつき
    脱力
    発汗はあり体温は正常か低め

    治療
    涼しい場所で安静臥床
    水とNaClの補給


    熱痙攣

    概念
    発汗によるNa欠乏性脱水と筋の興奮性亢進により筋痙攣、筋肉痛をきたす

    症状
    筋痙攣、筋肉痛
    皮膚蒼白、発汗あり
    体温の上昇は軽度
    まれにミオグロビン尿による急性腎不全をきたすこともある

    治療
    涼しい場所に安静臥床
    スポーツ飲料
    症状が強ければ生理食塩水や乳酸リンゲル液を点滴静注する


    熱疲労

    概念
    発汗による脱水と末梢循環不全により、全身虚脱、頭痛、嘔吐、循環不全をきたす
    体温調節機構は保たれているが、熱射病の前段階であり放置すれば熱射病に移行する

    症状
    全身倦怠感
    頭痛
    悪心、嘔吐
    血圧低下、頻脈、意識障害
    皮膚は蒼白で冷たいが、発汗はある
    体温は40℃以下

    治療
    熱射病


    熱射病


    概念
    熱中症の最重症型
    体温調節機構の破綻によって体温が危険な域まで上昇

    症状
    核心温度: 40℃以上
    発汗: 停止。乳幼児や高齢者に多い。
    中枢神経: 失調、つじつまの合わない行動、痙攣、昏睡など
    循環器: 初期はhyperdynamicが多く、進行するとhypodynamicを呈する
    呼吸器: 初期は過換気、後に肺水腫、肺うっ血
    肝機能: 高度の場合には肝不全にもなる
    腎機能: 急性腎不全が10~30%(←脱水、ミオグロビン尿、DICなど)
    凝固系: DICをきたす(←凝固因子の破壊、肝での凝固因子産生低下、線溶系亢進)

    検査
    各種逸脱酵素上昇
    血液凝固能異常: びまん性血管内凝固により血小板減少

    鑑別
    その他の熱中症: 核心温度は40℃以下、意識障害や神経学的異常や組織・臓器障害がない
    中枢神経疾患: 脳血管障害、感染症
    全身性感染症: 敗血症など
    内分泌疾患: 甲状腺クリーゼ、褐色細胞腫
    中毒: アスピリン、覚醒剤、抗コリン薬
    その他: 悪性高熱症、悪性症候群、アルコール離脱症候群、てんかん重積状態、高度の脱水

    治療
    物理的冷却
    微温湯または室温水をかけ扇風機で冷却させて気化熱を奪う
    氷嚢を皮膚に押し当てる方法は、皮膚の血管収縮により熱の放散を妨げ、シバリングを招くので勧められない
    補助的な冷却の手段:
    膀胱への冷水潅流
    胃への冷水潅流: 「大量」注入は嘔吐・誤嚥を招くので禁忌
    核心温度39℃で中止する
    呼吸管理
    輸液
    血漿浸透圧330mOsm/以上(水分喪失型脱水): 1/2生理食塩水
    血漿浸透圧330mOsm/以下(塩分喪失型脱水): 生理食塩水、利尿があれば乳酸リンゲル液も可
    痙攣やシバリングにはジアゼパム
    体温正常化後
    小脳、肝、腎、血液凝固系などの広範な障害に対しての治療



    関連記事




    [ 2008/08/17 23:25 ] 病理学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten