心臓カテーテル検査 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 心臓カテーテル検査ホーム > 循環器 > 心臓カテーテル検査

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    心臓カテーテル検査






    心臓カテーテル検査

    概念
    先天性心疾患、心筋疾患、弁膜疾患、不整脈、冠動脈疾患の確定診断、定量的な重症度評価、侵襲治療の基本となる
    右心系にはSwan-Ganzカテーテルがよく使われる

    検査項目
    血行動態測定: 血圧
    血液ガス分析
    熱希釈法、色素希釈法: 心拍出量、短絡率
    選択的心臓血管造影法: 冠動脈造影、左心室造影
    心筋生検
    心臓内電位図

    圧力の測定
    右房圧
    平均: 2~8mmHg(5~10cmH2O→体位と頸静脈怒脹の関係からおおよそ推測可能)
    圧波形:
    a波: 右房の収縮(三尖弁狭窄、右心圧上昇などで増高)
    c波: 三尖弁の閉鎖
    x波: 右房の弛緩
    v波: 右房の充満(三尖弁閉鎖不全などで増高)
    y波: 三尖弁の開放
    右室圧
    収縮期圧: 15~30mmHg(肺高血圧、肺動脈狭窄、左心不全の進行などで高値)
    拡張末期圧: 0~8mmHg(右心不全、収縮性心膜炎、心タンポナーデなどで高値; dip and plateau型(square root sign) -画像-)
    肺動脈圧
    収縮気圧: 15~30mmHg
    拡張期圧: 4~12mmHg
    平均: 9~18mmHg(肺血流量増加、肺血管抵抗上昇、肺毛細血管圧上昇で高値)
    肺動脈楔入圧
    平均: 2~12mmHg(僧帽弁疾患、左心不全で高値)
    左室圧
    収縮期圧: 高血圧症、大動脈弁狭窄、閉塞性肥大型心筋症で高値)
    拡張末期圧: 6mmHg以下(左心不全、収縮性心膜炎、大動脈弁疾患で高値)
    -画像-

    酸素濃度の測定
    肺体血流比や短絡率を求めることができる
    -画像-

    心拍出量
    1分間に拍出される血液量
    体表面積で補正した値を心係数という(基準値は2.5~4.5 L/min/m2)

    弁口面積の算出
    僧帽弁口面積: 左房圧と左室の拡張期圧較差と心拍出量から算出(正常値は4.5~5.0cm2)
    大動脈弁口面積: 大動脈弁前後の収縮期圧較差と心拍出量から算出(正常値は3.5~4.5cm2)





    関連記事




    [ 2008/08/17 23:39 ] 循環器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。