β遮断薬  看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 薬理学 > β遮断薬

    β遮断薬






    β遮断薬

    神経細胞が細胞体と神経線維でできていて、神経線維と他の神経細胞とのつなぎ目がシナプスである。神経には脳や脊髄の中枢神経と、中枢から分かれ出て全身に広く分布する末梢神経がある。末梢神経には、感覚神経と運動神経のほかに、自律神経があり、内臓の働きを自動的に調節している。

    自律神経には、交感神経と副交感神経という2つの系統がある。心臓にも、胃にも、肺の気管支にも、腎臓にも、それぞれ交感神経と副交感神経が対をなして入っている。交感神経と副交感神経は、以下のように、互いに拮抗する働きをしている。


    交感神経が働くとき:
    神経の末端からノルアドレナリンという物質が放出される。
    副交感神経が働くとき:分泌物質は、アセチルコリンである。

    ノルアドレナリン:
    アドレナリンというホルモンの前駆物質であり、作用もよく似ている。
    中枢からの刺激を受けて副腎髄質から分泌されるアドレナリンは、全身をめぐって交感神経性の緊張を高め、血管を収縮させることによって血圧を上昇させる。
    また、肝臓に貯えられたグリコーゲンの分解を進めることによって血糖を増加させる(この点で膵臓から分泌されるインスリンと拮抗関係にある)。

    アドレナリン受容体:
    アドレナリンやノルアドレナリンの作用を受ける器官の細胞は、これらの分子を受け取るための受容体を持っている。α受容体とβ受容体という2つのサブタイプがあり、さらにα1、α2、β1、β2に分類されている。

    α作用:
    (皮膚などの血管収縮、瞳孔散大、血圧上昇、腸弛緩など)を受け持つのがα受容体

    β作用:
    (気管支拡張、骨格筋や心臓に分布する血管の拡張、心拍数増加、収縮力の増加)を受け持つのがβ受容体

    アドレナリン作動薬:
    受容体に働いてアドレナリンと同じような作用を引き起こす薬は、(交感神経様作用薬)とよばれる。

    α作動薬:昇圧薬として用いられる
    β作動薬:β1作動薬は、強心剤として用いられる。
    β2作動薬(サルブタモール)喘息の治療に用いられるである。

    β作用のうち、気管支拡張作用(β2受容体への作用である平滑筋弛緩性)のみが選択的に強いので、心臓促進作用(β1
    受容体への作用)をあまり引き起こさずに喘息の症状をやわらげることができる。
     

    α遮断薬:多種あり
    β遮断薬:不整脈、狭心症、高血圧症に対して広く用いられている。

    心臓の拍動:
    心臓は激しい運動やストレスにより、ふだんより活発に拍動する。
    心拍数が増えるのは、自律神経からアドレナリンが放出され、β受容体に働くからである。それと同時に、α受容体への作用により、血圧が上昇する。
    健康な人なら、それで心臓の働きはうまく調節されている。

    狭心症の患者:
    心筋へ行く血管(冠動脈)が狭窄して血行が減っているため、心拍数が増えることで心筋が酸素不足に陥り、激しい痛みが起こる。
    β受容体のみを遮断することで、血圧を下げずに心拍数を減らせば、狭心症の発作を緩和できるというのが、プロプラノロールという薬の発想であった。

    プロプラノロール:
    代表的なβ遮断薬であり、強力で副作用が少ないことから臨床に使用されている。
    非選択性β遮断薬でβ1受容体とβ2受容体の両方に作用し、気道を狭窄させる作用を伴うため、気管支喘息患者には用いることができない。








    アテノロールなど:
    β1遮断薬は、気管支喘息患者の心臓病治療に用いても比較的安全である。

    その他:
    部分的β作用性(β遮断薬自体のβ受容体刺激作用)の有無
    膜安定化作用(膜の興奮を妨げる局所麻酔薬のような作用)の有無
    さまざまなβ遮断薬の特徴として重要。
    関連記事




    [ 2012/09/25 10:39 ] 薬理学 | TB(0) | CM(1)
    こんにちは!読ませて頂きました。

    また遊びに来ますのでよろしくお願いします。
    [ 2012/09/28 12:47 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten