細胞障害 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 病理学 > 細胞障害

    細胞障害






    細胞障害

    萎縮
    一度、一定の大きさまでに成熟した臓器が何らかの原因によりその容積・細胞数を減じた状態。

    低形成
    一定レベルまでの分化・成長を行えず、正常の大きさまでに達しないもの。

    変性
    素欠乏や栄養素欠乏により細胞や組織の機能が低下した状態、あるいはいろいろな原因によって代謝異常が生じて細胞内や組織内にさまざまな異常代謝物質が沈着した状態をいう。
    従って代謝が正常に戻れば細胞自体も正常に戻る。

    壊死
    病的な刺激が加わることにより細胞内の水解酵素が活性化され細胞自体が自己分解した状態。

    アポトーシス
    細胞周期の中でみられるプログラム化された死。

    肥大
    細胞の容積が増し、臓器が肥大した状態。

    過形成
    細胞の数が増加し、臓器が肥大化した状態。

    再生
    個体の一部が失われた時に形態・機能ともに元通りになる転機。

    化生
    何らかの刺激が長時間にわたってさようすることにより、正常な組織がもともとある本来の組織とは異なる組織に置き換えられる現象。





    関連記事




    [ 2012/11/02 15:25 ] 病理学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten