炎症 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 病理学 > 炎症

    炎症






    炎症

    定義
    『炎症刺激(傷害性刺激)因子やそれによって起こる傷害組織に対する生体のそれぞれの防衛的、修復的局所反応』『有害因子を除去し傷害組織を修復する過程』

    原因
    多岐にわたる

    物理的因子
    機械的刺激、温熱、寒冷の作用、電気的刺激、レントゲン、各種放射性物質、紫外線、鈍重な外力の作用が長期間続くと慢性炎症の原因

    化学的因子
    各種無機、有機的刺激物質、細菌性・動物性・植物性毒素、体内生成毒素

    病原微生物
    ウィルス、クラミジア、リケッチア、細菌、真菌、スピロヘーター、原虫

    アレルギー反応
    Ⅰ〜Ⅳ型アレルギー


    炎症の4徴候

    発赤…血管が拡張、局所の血液量の増加
    腫脹…血管壁の透過性亢進
    熱感…血管拡張に伴い多量の血液が流入する
    疼痛…自由神経終末にプロスタグランジン等の神経伝達物質が作用(5徴は機能障害を含める)




    関連記事




    [ 2012/11/02 15:28 ] 病理学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten