胸腔ドレナージ 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 呼吸器 > 胸腔ドレナージ

    胸腔ドレナージ






    □胸腔ドレナージ

    <目的>
     胸腔内に貯留した浸出液や空気を排除し、これらの圧迫による呼吸及び循環障害を除く。

    <方法>
     肋間に切開を加え、胸腔内穿刺針(トロッカーカテーテル)を胸腔内へ挿入し胸腔内の排液、排気を行う。持続的に排液、排気が必要な
    場合は、低圧持続吸引器を使用する。近年、ディスポーザブルの胸腔ドレナージセットが使われる。

    <必要物品>
     胸腔穿刺針(トロッカーカテーテル)、小切開セット、滅菌手袋、穴あきシーツ、局麻剤、注射針(カテラン針、低圧持続吸引器、吸引圧調整用の注射器及び蒸留水、コッヘル・本、タイガン、固定用判創膏

    <施行中の注意点>
     ①呼吸状態に注意。胸部、ドレーン挿入部の疼痛や呼吸困難の有無の確認。
     ②無気肺、血胸、ショック(肋間神経刺激による疼痛、大量排液後の循環虚脱)などの合併症の早期発見。
     ③ドレーン内排液の呼吸性移動を観察し、ドレーンの屈曲や閉塞がない事を確認し、又、適宜ドレーンのミルキングを行う。
     ④吸引器が指示された圧で作動しているか。
     ⑤エアーリークの有無を確認。
     ⑥排液の量、性状、色調の変化に注意。
     ⑦ドレーン挿入部の出血の有無。
     ⑧体動制限(安静臥床、又はベッド上安静)の説明を行い、制限に  よるストレス緩和をはかる。


    胸腔ドレーン挿入患者の看護

    感染・閉塞による障害がある
    ●発熱がなくドレナージがスムーズにできる
    O-1.熱型
    2.呼吸状態
    a.呼吸音
    b.呼吸様式
    c.皮下気腫の有無
    d.疼痛の有無・程度
    3.ドレーン挿入部の状態
    4.チェストドレーンバックの管理
    a.圧の設定
    5.ドレーンや接続チューブの圧迫・屈曲の有無
    6.ドレーンの固定
    7.リーク・呼吸性移動の有無
    8.排液の性状・量及びその変化
    T-1.ドレーン挿入部のガーゼ交換(1回/日)
    2.移動時Dr指示によりウォーターシール(またはクランプ)をする
    3.チェストドレーンバックの交換時はDrが行う(その介助)
    4.ドレーンの固定は清拭時またはガーゼ交換時に布絆創膏で固定する
    5.ドレーンのミルキング
    6.ドレーン周囲の清潔
    E-1.ドレーン挿入の目的・必要性を説明し、協力を得る

    ドレーン挿入中のため、行動が制限され精神的に苦痛となる
    ●目的・必要性を理解し精神的安定がはかれる
    O-1.ドレーン挿入による痛みの有無
    2.睡眠の程度
    3.呼吸の状態
    T-1.体位を工夫し安楽に努める
    2.身体の保清、身のまわりの介助
    3.患者の訴えやすい雰囲気をつくる
    4.ドレーンの管理を行い患者に不安を与えない
    5.医師の指示にて鎮痛剤の使用
    E-1.ドレーンの必要性を説明する
    関連記事




    [ 2012/12/03 20:00 ] 呼吸器 | TB(0) | CM(1)
    術後の胃吻合部ドレーン、胃管カテーテル、中心静脈カテーテルライン-末梢静脈ライン、膀胱留置カテーテルの性状・量の正常値について教えてください。
    [ 2006/11/23 14:29 ] [ 編集 ]
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten