意識常態の評価 JCS GCS 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 検査 > 意識常態の評価 JCS GCS

    意識常態の評価 JCS GCS






    意識状態の評価
    Japan Coma Scale  (ジャパン・コーマ・スケール)  3-3-9度方式
    Ⅰ.覚醒している(1桁の点数で表現)
    0 意識清明
    Ⅰ-1 見当識は保たれているが意識清明ではない
    Ⅰ-2 見当識障害がある
    Ⅰ-3 自分の名前・生年月日が言えない

    Ⅱ.刺激に応じて一時的に覚醒する(2桁の点数で表現)
    Ⅱ-10 普通の呼びかけで開眼する
    Ⅱ-20 大声で呼びかけたり、強く揺するなどで開眼する
    Ⅱ-30 痛み刺激を加えつつ、呼びかけを続けると辛うじて開眼する

    Ⅲ.刺激しても覚醒しない(3桁の点数で表現)
    Ⅲ-100 痛みに対して払いのけるなどの動作をする
    Ⅲ-200 痛み刺激で手足を動かしたり、顔をしかめたりする
    Ⅲ-300 痛み刺激に対し全く反応しない

    この他、R(不穏)・I(糞便失禁)・A(自発性喪失)などの付加情報をつけて、JCS Ⅲ-200-Iなどと表す。



    GCS(Glasgow Coma Scale) グラスゴーコーマスケール
    国際的に広く利用されている意識障害の評価方法。
    「開眼」、「言葉の応答」、「運動機能」の3つの要素について患者がどの段階にあるのかを診断し、それぞれの項目の合計点によって意識レベルを測定する。正常は15点満点で、点数が小さいほど重症である。
    1974年に英国のグラスゴー大学によって発表されたため、このような名前が付けられた。

    ■E 開眼(Eye Opening)
    ・4点 自発的に開眼
    ・3点 音声により開眼
    ・2点 痛みや刺激により開眼
    ・1点 開眼せず

    ■V 言葉の応答(Best Verbal Response)
    ・5点 見当識あり(現在の年月や時刻、自分がどこにいるかなど基本的な状況を把握している)
    ・4点 会話混乱(会話は成立するが見当識が混乱)
    ・3点 言語混乱(発語はみられるが会話は成立しない)
    ・2点 理解不明の声を出す
    ・1点 発語せず

    ■M 運動機能(Best Motor Response)
    ・6点 命令に従う
    ・5点 痛みや刺激を感じる部分を認識して手足で払いのける
    ・4点 四肢屈曲反応、逃避(痛み刺激に対して四肢を引っ込める)
    ・3点 四肢屈曲反応、異常(痛み刺激に対して緩徐な屈曲運動)
    ・2点 四肢伸展反応(痛み刺激に対して緩徐な伸展運動)
    ・1点 まったく動かず

    日本ではGCSよりも簡易なジャパンコーマスケールが広く利用されている。
    関連記事




    [ 2012/11/12 15:48 ] 検査 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten