血液検査からわかる事 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 検査 > 血液検査からわかる事

    血液検査からわかる事






    血球検査

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    Hb

    血色素量

    14.0~18.0g/dl
    女12.0~16.0g/dl

    血液の濃度を示す
    低下は各種貧血

    RBC

    赤血球数

    400~610万/μl
    女380~530万/μl

    mm立方あたりの赤血球の数
    呼吸器や、心疾患で増えることがある
    また、貧血でも赤血球数は低下しない事がある

    Ht

    ヘマトクリット

    40.0~54.0%
    女36.0~47.0%

    血液中の赤血球の占めるパーセント
    RBCが下がらず、Ht,Hbが下がる場合は、鉄欠乏性貧血が最も疑われる

    PLT

    血小板

    25.8万/μl

    血管外に出た血液を固まらせる血球
    出血や、血液疾患、肝硬変などで低下
    また、増加する血液疾患もある

    WBC

    白血球

    3500~9500/μl

    体内に炎症があると増加
    血液疾患で増減

     

    血液蛋白

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    TP

    総蛋白

    6.4~8.0g/dl

    血液中のタンパク質の総量

    多発性骨髄腫や慢性疾患で上昇

    ALB

    アルブミン

    58.1~70.5%

    血液に最も多く含まれている蛋白

    浸透圧(水を引っ張る力)を決めている
    腎臓病、肝硬変などでアルブミンが減少すると浮腫が生じたり、腹水がたまる

     

    腎関連

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    BUN

    尿素窒素

    9.0~24.0mg/dl

    身体を構成するタンパク質が代謝され、腎から排泄される形になったもの
    蛋白摂取の増加や身体の蛋白の崩壊で増え、また腎機能が低下すると上昇

    Cr

    クレアチニン

    0.7~1.4mg/dl
    女0.6~1.2mg/dl

    筋肉を作るタンパク質が代謝され、腎から排泄される形になったもの
    筋肉量の多い男性は女性より元々高い

    腎機能が低下しても上昇

    UA

    尿酸

    2.0~7.0mg/dl
    女2.0~6.0mg/dl

    細胞の核酸が代謝されて生じる

    腎臓から排泄される
    代謝障害で高度に上昇することがあるが、一般には、アルコールで腎からの排泄を抑制され、肉類の食べ過ぎで尿酸が過剰に生産されて高値となる
    通風発作が有名

     

    電解質

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    Na

    ナトリウム

    136~149mEq/l

    脱水、急速なナトリウム含有輸液で上昇
    SIADHというホルモン異常や利尿薬、大量の下痢、嘔吐で低下

    カリウム

    3.7~5.0mEq/l

    細胞内に多く含まれる

    外傷など細胞が破壊されたときや、腎障害で排泄が低下したときに上昇
    下痢や大量の発汗、ステロイドの投与、カリウム排泄性の利尿薬で低下

    Ca

    カルシウム

    8.6~10.4mg/dl

    悪性腫瘍で高度に上昇

    副甲状腺腫で軽度に上昇
    副甲状腺ホルモンは、カルシウムの吸収を促進し、骨から血中へカルシウムを溶出させ、カルシウムを上げようとする
    ビタミンD欠乏で低下し、過換気では一時的にイオン化カルシウムが下がり、筋のひきつりを起こす

    リン

    2.6~4.6mg/dl

    腎障害で、排泄が低下すると上昇
    副甲状腺機能亢進症やビタミンD欠乏症で、低下

     

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    Fe

    68~139μg/dl
    女58~120μg/dl

    女性は鉄血欠乏性貧血が最も多い
    子宮筋腫、消化管出血などでも低下
    男性の鉄欠乏場合は、特に胃潰瘍、大腸腫瘍が疑われる
    アルコールなどで上昇し、高すぎると心筋梗塞の危険因子となる

    TIBC

    総鉄結合能

    251~437μg/dl

    血液中で鉄を運ぶタンパク質

    UIBC

    不飽和鉄結合能

    TIBC-Fe

    鉄が減ると増え、鉄が増加すると減少

     

    脂質

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    T-CH

    総コレステロール

    130~220mg/dl

    粥状動脈硬化を引き起こす危険因子
    肥満、糖尿病、また肥満ではなくても体質によっては高値となる

    HDL-CH

    HDLコレステロール

    41mg/dl以上

    俗に善玉コレステロールという

    コレステロールを回収してくる働きがある

    LDL-CH

    LDLコレステロール

    70~140mg/dl

    悪玉コレステロールといわれている
    虚血性心疾患(心筋梗塞、狭心症)では120mg/dl以下に、高血圧、糖尿病など他に生活習慣病を持っているひとは140mg/dl以下に、危険因子のない人でも、160以mg/dl以下にコントロールする必要がある

    TG

    中性脂肪

    42~150mg/dl

    中性脂肪も虚血性心疾患の危険因子とみなされる
    また、1000mg/dl以上では、急性膵炎を起こす危険がある

     

    肝関連

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    T-Bil

    総ビリルビン

    0.2~0.8mg/dl

    黄疸の色素

    血液のヘモグロビンは、肝で処理され、胆汁として排泄されるが、その経路で傷害があるとビリルビンが上昇
    体質的に、正常より常に高い場合もある。

    D-Bil

    包合型ビリルビン

    0~0.3mg/dl

    肝疾患や、胆道の閉鎖で上昇。

    I-Bil

    非包合型ビリルビン

    0~0.6mg/dl

    溶血などで上昇

    LDH

    エルディーエイチ

    125~266 IU/l

    全ての細胞に含まれる

    5つのサブグループ(アイソザイム)に分けられる

    LDH1、2は心筋、赤血球、腎皮質などに多く含まれ、LDH2、3、4は白血球、LDH5は肝臓、骨格筋に多く含まれる

     

    LDH1,2増加
    悪性貧血、心筋梗塞、溶血性貧血
    LDH2,3増加
    筋ジストロフィー、膠原病、白血病、悪性リンパ腫、肺癌
    LDH5増加
    肝炎、肝癌、骨格筋の損傷
    アノマリーパターン
    免疫グロブリンとの結合及び遺伝的変異などで出現

    γ-GTP

    ガンマジーティピー

    50 IU/l以下

    肝疾患、胆管閉鎖で上昇
    他の肝臓データに比べ、これが特に高いときは、アルコールによる肝疾患が考えられる

    AST

    エーエスティ

    12~36 IU/l

    肝、心筋、筋に含まれる

    AST>ALTで上昇するのは、劇症肝炎、早期急性肝炎、自己免疫性肝炎、肝硬変、肝癌、うっ血肝、アルコール性肝障害、心筋梗塞、骨格筋疾患、溶血性疾患など

    ALT

    エーエルティ

    8~36 IU/l

    ASTより肝臓特異的です。ALT>ASTで上がるのは、急性肝炎、慢性肝炎、脂肪肝、甲状腺疾患など

    CHE

    コリンエステラーゼ

    3.68~7.52 IU/l

    肝臓での蛋白合成の指標
    脂肪肝、糖尿病、高脂血症、ネフローゼ症候群、甲状腺機能亢進症などで上昇

    劇症肝炎、肝硬変、急性肝炎、慢性肝炎、消耗疾患、有機リン中毒などで低下

    ALP

    アルカリフォスファターゼ

    83~217 IU/l

    肝疾患では薬剤性、アルコール性肝障害や胆汁うっ滞でAST、ALTに比べより上昇
    サブグループ(アイソザイム)に分けられる

    ALP1肝臓-肝・胆道の閉塞などで出現

    ALP2肝臓-肝・胆道疾患などで上昇

    ALP3骨-骨生成疾患などで上昇(ALP3上昇時にはALP2との分離が不明瞭になる)

    ALP4胎盤-主に妊娠時に出現

    ALP5小腸-脂肪食後,肝硬変などで上昇

    ALP6免疫グロブリンと結合したALP *小児ではALP3が主分画

    LAP

    ラップ

    34~63 IU/l

    胆道疾患や、妊娠後期で上昇

     

    筋酵素

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    CK(CPK)

    シーケイ(シーピーケイ)

    34~157 IU/l
    女29~119 IU/l

    筋、中枢神経疾患で上昇

    CKーMBは心筋梗塞で上昇
    心筋梗塞関連の血液検査は他に、白血球、ミオグロビン、ミオシン軽鎖、トロポニンT、LDHなど

     

    膵疾患

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    AMY

    アミラーゼ

    25~137 IU/l

    唾液腺型アミラーゼは耳下腺炎などで、膵型アミラーゼは、膵炎などで上昇
    他に、膵関連検査には、リパーゼ、エラスターゼⅠ、PSTIなど

     

    糖尿病関連

    検査名

    読み方

    正常値

    意味

    HbAIC

    ヘモグロビンアーワンシー

    4.3~5.8%

    過去2ヶ月間の血糖コントロールを反映する
    5.8%以下なら良好なコントロール

    7.0%を越えると糖尿病合併症の進行。
    8.0%を越えると合併症の進展が促進される

    FBS

    空腹時血糖

    110mg/dl以下

    血糖値は、食事によって大きく変動する
    糖尿コントロールとしては、空腹時血糖が120mg/dl以下、食後血糖が、160mg/dl以下が良好なコントロールの目安

    GTT

    糖負荷試験

    1時間値160mg/dl以下
    2時間値120mg/dl以下

    空腹時、140mg/dl以上、2時間値200mg/dlを越えると糖尿病パターン
    これと正常値の中間は、境界型

     






    看護師国家試験対策

    問題
    急性心筋梗塞において上昇のピークが最も早いのはどれか。
    1.AST(GOT)
    2.ALT(GPT)
    3.LD(LDH)
    4.CK(CPK)

    1.(×)発症後6~12時間で上昇し始める。 
    2.(×) 発症後6~12時間で上昇し始める。
    3.(×) 発症後12~18時間で上昇し始める。
    4.(○)発症後2~4時間で上昇し始める。 
    関連記事




    [ 2012/11/21 11:27 ] 検査 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten