腎泌尿器・・・尿路結石 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > 泌尿器 > 腎泌尿器・・・尿路結石

    腎泌尿器・・・尿路結石






    □尿路結石
     疼痛、血尿、結石自排が3徴とし、虫垂炎などの鑑別が重要となる
     Ca結石が80%以上を占める
    ○疫学
     上部尿路結石(腎・尿管結石)が95%を占める
     男性に多い←前立腺肥大による下部尿路通過障害
     夏に多い←発汗などによる水分喪失による尿量減少
     10年再発率は約60%
    ・一般的な成因
     尿流通過障害となる病態
     水腎症
     神経因性膀胱
     前立腺肥大症
     長期臥床
     尿路感染症
     尿路異物: カテーテル
    ○結石の種類と成因
     シュウ酸カルシウム結石
     アルカリ尿で生じやすい ■原発性副甲状腺機能亢進症
     ビタミンD過剰症
     Cushing症候群
     遠位尿細管性アシドーシス
     腸管性高Ca尿症(腸管からのCa吸収増加)
     腎性高Ca尿症(腎尿細管でのCa再吸収障害)
     高シュウ酸尿症
     低クエン酸尿症
     炭酸脱水素酵素阻害薬: 尿アルカリ化、高Ca尿症、低クエン酸尿症をきたす
     リン酸マグネシウムアンモニウム結石 ■ウレアーゼ産生菌による尿路感染
    ・尿酸結石
     酸性尿で生じやすい
     高尿酸尿症
     痛風
     白血病
    ・特殊な結石
     シスチン尿症: 酸性尿で生じやすい
     キサンチン尿症
    ○症状 †
     疼痛、血尿、結石自排が3主徴
     疝痛発作: ■鼠径部から陰嚢に放散
     尿流遮断による腎盂圧上昇で腎部に激しい痛み
     膀胱刺激症状: 尿管口の結石や膀胱結石
     尿流途絶、排尿困難: 膀胱結石、尿道結石
    ・身体所見 †
     肋骨脊柱角叩打痛
    ○検査
     KUB
     尿酸結石、キサンチン結石は、透過性がありうつらない
     シスチン結石は淡く描出されるのみ
    ・静脈性尿路造影
     疼痛発作時には造影剤の排泄が認められないことがあるため、疼痛軽快時に行う
    ・尿沈渣
     シスチン:六角形状の結晶
     肝不全ではロイシン、チロシン
     上記以外は疾患特異性に乏しい
    ○治療
     疼痛処置
     NSAIDs
     非麻薬系鎮痛剤
    ・自然排石 †
     横径 6mm以下の結石は自排可能
     尿量確保と運動: 水の飲水、お茶は緑茶より番茶
    ・薬物療法 †
     排泄促進剤としてウロカルン
     鎮痙剤として臭化ブチルスコポラミン(ブスコパン)
     シュウ酸カルシウムの場合は、
      リン酸塩(腸管内でCa2+と結合させ吸収抑制)
      サイアザイド(Ca2+再吸収促進)
     尿酸結石の場合は、
      尿のアルカリ化(クエン酸製剤)
      アロプリロール
     シスチン結石の場合は、
      尿のアルカリ化
      D-ペニシラミン
    ・ESWL †
     適応:自然排石困難な結石、腎機能障害をきたす尿路の閉塞、難治性尿路感染症の併発。2cm以下の結石で有効。
     禁忌:出血傾向、妊娠など
    関連記事




    [ 2012/12/12 21:30 ] 泌尿器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten