逆流性食道炎・食道潰瘍 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 逆流性食道炎・食道潰瘍ホーム > 消化器 > 逆流性食道炎・食道潰瘍

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    逆流性食道炎・食道潰瘍






    逆流性食道炎/食道潰瘍  

    ○概念
     【逆流性食道炎】
      酸性の胃内容物が逆流するために起こる食道下部の炎症
     【食道潰瘍】
      逆流性食道炎が進行して、潰瘍が生じた状態
    ○疫学
     中高年の肥満の女性に多い。全身性強皮症(PSS)に合併しやすい
    ○病態
     LES(下部食道括約筋)圧の低下が直接の原因。その背景に、滑脱型の食道裂孔ヘルニアや胃全摘があることもある
    ○症状
     主症状は胸やけ(→胃・十二指腸潰瘍、胃炎なども考えられる)
    ○検査
     内視鏡検査…逆流性食道炎では食道粘膜の発赤・びらん、食道潰瘍では潰瘍・白苔など
     LES圧測定…低下している
     食道内pH測定…食後と深夜のpH下降がみられる
    ○治療
     生活指導…減量、就寝時頭部高位、腹圧上昇の回避
     薬物治療…胃酸分泌抑制薬(プロトンポンプ阻害薬やH2受容体拮抗薬)、食道粘膜保護薬、消化管運動促進薬など
    ○予後
     円柱上皮化生を起こして、Barrett食道となることがある(→食道腺癌の発生母地となる)


    食道カンジダ症  

    ○概念
     口腔・消化管内常在真菌であるCandida albicansの食道感染によって起こる日和見感染症
    ○病態
     糖尿病などの消耗性疾患、免疫機能低下状態(ステロイド薬・抗癌剤・抗生物質の投与時、白血病、AIDSなど)が基礎疾患にある
    ○症状
     嚥下時の違和感や痛み(時に無症状)
    ○検査
     食道造影検査…斑状の紋様(黒い島状斑がびまん性にみられる)
     内視鏡検査…食道全周にわたって灰白色の半球状~扁平な隆起が多数散在
     (←大腸における、Clostridium difficile菌による偽膜性腸炎と似た所見)
    ○治療
     抗真菌薬の内服


    食道アカラシア  

    ○概念
     Auerbach神経叢の神経節細胞の減少or消失により食物の通過障害が起こった状態。後天的な疾患である
    ○疫学
     中年(20~40歳代)の女性に多い
    ○病態
     食道体部の蠕動が欠如するか、不全蠕動を示す
    ○症状
     嚥下時の胸のつかえ感~嚥下困難、食物の口内逆流(就寝時に多い)、軽度の体重減少などがみられるが、全身状態は良好。慢性の経過をとり、進行はきわめて緩徐
    ○合併症
     食道炎(←食物停滞による)、圧出憩室、誤嚥性肺炎、(長期では)食道癌
    ○検査
     食道造影検査…下部食道の狭窄(辺縁はスムーズ)+その上の拡張所見
     内視鏡検査…基本的に異常なし(食道炎の合併の有無をみるために行う)
     食道内圧検査…LES圧の上昇、食道内圧の上昇、蠕動波の著明な低下
    ○治療
     内科的治療…生活指導、Ca拮抗薬や硝酸薬の投与(→下部食道括約筋の収縮を抑制)、強制的拡張術(バルーンを利用)、ボツリヌス毒素のLES注入(内視鏡下に行う)
     外科的治療…粘膜外筋層切開術(Heller手術)、噴門形成術


    食道良性腫瘍  

    ○疫学
     食道癌に比べて頻度はかなり低く、平滑筋腫がその大半を占める。その平滑筋腫は20~50歳代の男性に好発する
    ○病態
     平滑筋腫は下部食道に好発し、粘膜下腫瘍の形態をとる
    ○症状
     無症状(大きくなれば、嚥下困難・胸骨後方痛)
    ○検査
     食道造影検査…辺縁平滑な半円状の陰影欠損像(←粘膜下腫瘍の特徴)
     内視鏡検査+生検…悪性との鑑別のために必要
    ○治療
     通常は経過観察で十分

    ------------------------------------------
    食道疾患の主訴

    胸やけ 逆流性食道炎、食道潰瘍
    胸のつかえ感 食道アカラシア
    嚥下時違和感 (食道カンジダ症)
    嚥下困難 (食道癌)、(平滑筋腫)
    食物の口内逆流 食道アカラシア
    胸部痛 特発性食道破裂、(食道カンジダ症)、(平滑筋腫)
    嘔吐 Mallory-Weiss症候群、特発性食道破裂
    吐血 Mallory-Weiss症候群、食道静脈瘤(破裂時)
    無症状 食道カンジダ症、食道憩室、食道癌、平滑筋腫、食道静脈瘤

    ---------------------------------------------------------------------------------------------
    食道疾患の好発部位

    上部食道 Zenker憩室、膜様隆起(web)
    中部食道 食道癌
    下部食道 逆流性食道炎、食道潰瘍、Barrett食道、(食道癌)、平滑筋腫、食道静脈瘤、Mallory-Weiss症候群、
    特発性食道破裂
    (食道全体) 食道カンジダ症、食道アカラシア
    -------------------------------------------------------------------------
    関連記事




    [ 2012/12/14 16:00 ] 消化器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。