その他の浮腫 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > その他の浮腫ホーム > 解剖生理 > その他の浮腫

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    その他の浮腫






    その他の浮腫

    ○特発性浮腫
    女性で周期的な浮腫が生じる
    数時間以上立ち続けたりするとNaと水の貯留、体重増加が起こる(朝と夕の体重差)
    月経周期と関連したエストロゲン過剰分泌による月経前浮腫とは異なる


    ○粘液水腫(myxedema)
    ムチン沈着症の一型で汎発性粘液水腫と限局性粘液水腫がある
    甲状腺機能異常を伴うがムチン沈着の機序は不明


    ○汎発性粘液水腫(diffuse myxedema)
    甲状腺機能低下症によることが多い
    皮膚は乾燥し、蒼白で冷たく、柔らかいが指圧痕を残さない


    ○限局性粘液水腫(localized myxedema),
     脛骨前粘液水腫 (pretibial myxedema)
    Basedow病によることが多い
    主に脛骨前面に、わずかに盛り上がった淡紅褐色調、表面平滑な結節を形成する
    毛孔は開大し多毛を認める


    ○薬剤性浮腫(Drug-induced edema)
    薬剤そのものによる浮腫と、薬剤により腎障害をきたすために生じるものとがある。
    多くは除外診断の過程をたどる。
     □発生機序と分類
    ・Na・水負荷量増大
      :過剰輸液
      :抗生物質 ペニシリン系やセフェム系、ホスホマイシンなどにはNa塩として多量のNaが含有されているものがある。
      :炭酸水素Na
     ・Na・水排泄量低下
      :NSAIDs プロスタグランジン産生抑制→腎血管収縮→腎血流低下→Na再吸収亢進→Na貯留
    プロスタグランジン産生抑制→ADHに対する拮抗作用減少→水再吸収増加
      :β遮断薬 心拍出量低下→濾過量に比し腎血流量低下→濾過率上昇→尿細管周囲毛細血管膠質浸透圧上昇→Na再吸収増加
      :α遮断薬 軽度のNa排泄低下
      :Ca拮抗薬 血管拡張作用、血管透過性亢進と毛細血管内圧上昇
      :ホルモン剤 ミネラルコルチコイド作用
      :インスリン Na再吸収作用
    ・血管透過性亢進作用
      :クロルプロパミド 末梢でのADH増強作用
      :炭酸リチウム アルドステロン増加作用
      :カルバマゼピン ADH分泌作用
      :グリチルリチン アルドステロン作用
      :抗癌剤
     ・血管透過性亢進
      :Ca拮抗薬
      :インスリン
      :IL-2製剤

    関連記事




    [ 2012/12/14 19:00 ] 解剖生理 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。