学校保健安全法(出席停止) 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 学校保健安全法(出席停止)ホーム > 公衆衛生・社会福祉・関係法規 > 学校保健安全法(出席停止)

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    学校保健安全法(出席停止)






    学校保健安全法で「第二種感染症」に分類される病気は、「出席停止」が定められています。
    2012年4月の改正で新たに追加された「髄膜炎菌性髄膜炎」を含めて、9つの病気があります。
    2012年4月に出席停止の基準が改定され、

    ・インフルエンザ
    (変更前)"解熱した後二日を経過するまで"
    (変更後)"発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後二日を経過するまで"ただし幼児については"発症した後五日を経過し、かつ、解熱した後三日を経過するまで"

    ・百日咳
    (変更前)"特有の咳が消失するまで"
    (変更後)"特有の咳が消失するまで、または五日間の適正な抗菌薬療法が終了するまで"

    ・流行性耳下腺炎
    (変更前)"耳下腺の腫脹が消失するまで"
    (変更後)"耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹が始まった後五日を経過し、かつ、全身状態が良好とな

    以上の3つが変更されています。

    ------------------------------------------------------------------------------------------

    出席停止期間の基準(学校保健安全法施行規則第19条)まとめ

    ○第一種
    エボラ出血熱、クリミア・コンゴ出血熱、痘そう、南米出血熱、ペスト、マールブルグ病、ラッサ熱、急性灰白髄炎、ジフテリア、重症急性呼吸器症候群(病原体がコロナウイルス属SARSコロナウイルスであるものに限る。)及び鳥インフルエンザ(病原体がインフルエンザウイルスA属インフルエンザAウイルスであってその血清亜型がH5N1であるものに限る。

    ⇒治癒するまで
    ---------------------------------------------------------------------------------------
    ○第二種
    インフルエンザ(鳥インフルエンザ(H5N1)及び新型インフルエンザ等感染症を除く。)
    ⇒発症した後5日を経過し、かつ、解熱した後2日(幼児にあっては、3日)を経過するまで。

    百日咳
    ⇒特有の咳が消失するまで又は5日間の適正な抗菌性物質製剤による治療が終了するまで。

    麻しん
    ⇒解熱した後3日を経過するまで。

    流行性耳下腺炎
    ⇒耳下腺、顎下腺又は舌下腺の腫脹 が発現した後5日を経過し、かつ、全身状態が良好になるまで。

    風しん
    ⇒発しんが消失するまで。

    水痘
    ⇒すべての発しんが痂皮化するまで。

    咽頭結膜熱
    ⇒主要症状が消退した後2日を経過するまで。

    結核
    ⇒病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで

    髄膜炎菌性髄膜炎
    ⇒病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
    -----------------------------------------------------------------------------------------------------------
    ○第三種
    コレラ、細菌性赤痢、腸管出血性大腸菌感染症、腸チフス、パラチフス、流行性角結膜炎、急性出血性結膜炎その他の感染症
    ⇒病状により学校医その他の医師において感染のおそれがないと認めるまで
    関連記事




    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。