食道アカラシア 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 食道アカラシアホーム > 消化器 > 食道アカラシア

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    食道アカラシア






    食道アカラシア(esophageal achalasia)

     アカラシア(achalasia)は弛緩不全の意味。
     食道アカラシアは食物が通るときに下部食道括約筋が弛緩しないために食物が飲み込めず、 食道が拡張する疾患。

    ○好発年齢
     食物が飲み込めない症状としては、食道癌が鑑別に上がるが、アカラシアは比較的若年の女性に多い。

    ○原因
     食道の平滑筋に分布しているアウエルバッハ(Auerbach)の神経叢という神経部分の変性ないし消失。
     アウエルバッハ(Auerbach)の神経叢が消失する疾患として有名なのが、Hirschsprung病。
     こちらは先天的に腸管の神経叢が欠如した疾患で、幼児期より便秘となるが、 食道アカラシアは後天的に神経叢に異常が生じる。
     原因としてはウィルス感染、自己免疫などが考えられている。

    ○症状
     胸のつかえ(嚥下困難)。
     特に固形物が飲み込みにくくアルコールや温かい飲み物で緩和される傾向がある。
     飲み込めない場合には嘔吐を呈する。
     また、食道での食物の停滞時間が長くなるために食道炎を起こし胸痛を生じる。
     炎症により侵襲を受けた粘膜に癌が発生すると考えられており、 食道アカラシアは食道癌のリスクファクターとなっている(罹患率が高い)。
     就寝中に咳や涎が出ることがあります。
     唾液を嚥下できないためと考えられます。

    ○検査
    <食道造影検査>
     食道下部の狭窄とその上の拡張が見られる。
     形態学的には紡錐型、フラスコ型、S状型に分かれる。
     この順序で進行していく。
    <内視鏡検査>
     食物が停滞することで炎症所見が見られることがある。
     アカラシアは食道癌と鑑別が必要であり、内視鏡検査は重要。
    <食道内圧測定>
     下部食道の蠕動波の消失、下部食道括約筋(LES)弛緩の欠如、LES圧の上昇が見られる。

    ○治療
    <薬物療法>
     Ca拮抗薬と硝酸薬が使われる。
     平滑筋の収縮抑制効果のため症状の軽快が見込める。
     最近ではボツリヌス療法も行われる。
     ボツリヌス毒は美容整形のしわ取りや顔面痙攣などで使われるが、 筋弛緩作用があるので有効。
     しかし、定期的な治療を必要とします。
    <食道強制拡張術>
     薬物療法で軽快しない場合には、食道胃接合部でバルーンを拡張することで強制的に下部食道括約筋を広げる手技を行う。
     一度軽快しても再発することがある。
    <外科療法>
     外科的に括約筋を切開する(Hellerの手術)。
     また、括約筋を切開したのみだと今度は胃食道逆流症(GERD)となるため、 逆流防止のDor法を組み合わせたHeller-Dor法を行うことが多い。
     
    関連記事




    [ 2012/12/14 22:00 ] 消化器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。