インスリノーマ 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > インスリノーマホーム > 内分泌・代謝 > インスリノーマ

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    インスリノーマ






    ○インスリノーマ
    症状
    ・低血糖症状の特徴
     中枢神経機能低下が目立つ(意識障害が最も多く、痙撃、複視、もうろう状態、傾眠など)
     慢性的な低血糖のために、自律神経系症状は呈しにくい
     慢性的な低血糖による記憶障害、機構、知能障害、精神症状などのために、精神疾患として治療されている症例も少なくない
    ・Whippleの3徴候
     空腹時の低血糖、低血糖症状、糖分摂取で速やかな改善
    ・代表的な所見
     ①40mg/dl以下の低血糖、
     ②低血糖時のIRIが6μU/ml以上、
     ③Cペプチド200pmol/l(0.6ng/ml)以上、
     ④SU薬、その他の低血糖を起こす薬剤の未使用、
     ⑤インスリン自己抗体・インスリン受容体抗体陰性

    検査 負荷検査
     ①Cペプチド抑制試験(インスリンを持続静注し、血中Cペプチドが正常に抑制されるかどうかをみる)
     ②72時間絶食試験(絶食させ、インスリン・Cペプチドの分泌が抑制されるかどうかを主にみる。血糖が45mg/dl以下になったら危険なので中止する)

    腫瘍の局在検査
     ①超音波検査(術前では感度18~50%程度と低いが、術中では90%以上と高い)
     ②選択的Ca動脈内注射、肝静脈サンプリング:ASVS(胃十二指腸動脈(膵頭部)or脾動脈(膵体尾部)にCa注入によりインスリンの分泌増加を肝静脈採血で確認し、腫瘍の位置を同定する)

    腫瘍の特徴
    ・腫瘍の大きさ:1~2cm
    ・単発性の頻度:90%
    ・膵外性の頻度:1%
    ・良性と悪性の鑑別点:肝転移やリンパ節転移があるものや、膵周囲への浸潤の明らかなものは悪性。病理組織学的には鑑別困難なことが多い
    ・悪性の頻度:10%
    ・MENtype1症候群の合併の頻度:10%

    治療
    ・内科的治療…悪性で摘出不可能な場合に適応となる
    ・外科的治療…摘出可能な腫瘍に対しては、核出術or肝静脈サンプリングを行う
    関連記事




    [ 2012/12/24 18:00 ] 内分泌・代謝 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。