末梢神経系 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 末梢神経系ホーム > 解剖生理 > 末梢神経系

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    末梢神経系






    ○末梢神経系
      解剖学的分類・・・脳神経・・・脳より発する12対の神経
               脊髄神経・・・脊髄より出る31対の神経
      機能的分類・・・体性神経・・・運動(運動神経)
                     感覚(感覚神経)など動物的機能に関する神経
              自律神経・・・意志とは関係なく植物的機能(呼吸、循環等)に関する神経
                     交感神経と副交感神経

    ○体性神経系

    ○脊髄神経・・・左右で31対
              :8対の頸神経
              :12対の胸神経
              :5対の腰神経
              :5対の仙骨神経
              :1対の尾骨神経
            頸神経は同番号の頸椎骨の上
            胸神経以下は同番号の脊椎骨の下を通る
    ・分岐・・・前根・・・運動繊維は前根を通って脊髄から出る
          後根・・・感覚細胞の神経細胞を含む神経節がある
               感覚神経の情報は後根を通って脊髄に入る
          これら前根と後根が再び1つとなって脊髄神経を構成している
          後根と前根の長さは頚髄でもっとも短く、下にいくにつれて長くなる
    ・ベル・マジャンディの法則・・・感覚性は後根、運動性は前根という法則
    ・椎間孔・・・脊髄神経前、後枝、硬膜枝に分かれる
    ・皮膚分節・・・C1を除く脊髄神経はそれぞれ皮膚の特定の部位からの感覚情報を受容する
            これを皮膚分節と言う

    ○脳神経・・・脳から出る神経を脳神経と言い、左右12対の神経からなる
           前方から純にⅠからⅩⅡ番まで番号がついている
           ⅠとⅡは感覚神経
           Ⅲ以降は感覚と運動神経の混合
    1.嗅神経(Ⅰ): 鼻腔の鼻粘膜に神経細胞がある感覚系のみの神経
             (機能)嗅覚
    2.視神経(Ⅱ): 網膜に神経細部があり、感覚のみの神経。視交叉を通り、外側膝状体に入る。
             (機能)視覚
    3.動眼神経(Ⅲ): 中脳底部から発し、上眼窩裂を通って2枝に分岐。運動と感覚神経の混合神経。 
             (機能)眼球運動、眼筋の深部感覚、自律神経
    4.滑車神経(Ⅳ): 中脳背側から発し、上眼窩裂を通り上斜筋に達する。 
              (機能)眼球運動
    5.三叉神経(Ⅴ): 運動神経と感覚神経の混合神経。
               3枝にわかれ、第1枝は上眼窩裂、第2枝は正円孔、第3枝は卵円孔を通る。
             (機能)第1枝:顔面上部の感覚、第2枝:顔面虫部の感覚、上顎、上歯等、第3枝:顔面下部の感覚、下顎、舌、咀嚼、嚥下、鼓膜筋等
    6.外転神経(Ⅵ): 橋下部から発する運動神経。上眼窩裂を通り、外側直筋に達す。
             (機能)眼球の外転
    7.顔面神経(Ⅶ): 橋下部から発する運動、感覚、自律神経の混合神経。
             (機能)表情筋の運動、味覚、顎下腺、舌下腺のコントロール等
    8.内耳神経(Ⅷ): 顔面神経外側に発する感覚(一部運動を含む)神経。
               内耳孔を通り蝸牛や三半規管に達す。
              (機能)聴覚、平衡覚
    9.舌咽神経(Ⅸ): 運動、感覚、自律神経の混合神経。
               延髄外側に発し、経静脈孔を通り耳下腺、舌、咽頭筋、経静脈洞等に達す。
    (機能)味覚、咽頭筋運動、腺分泌等
    10.迷走神経(Ⅹ): 延髄外側に発し、運動、感覚、自律神経を含む。
    経静脈孔を通り喉頭筋、経静脈洞、内臓に達す。
    (機能)喉頭筋の運動、喉頭、内臓感覚、自律神経
    11.副神経(ⅩⅠ): 延髄下部、頚髄上部より発する運動神経。
    経静脈孔を通り、僧帽筋、胸鎖乳突筋等に達す。
    (機能)筋運動
    12.舌下神経(ⅩⅡ): 延髄前面より発する運動神経。舌下神経管を通り舌に達す。
    (機能)舌の運動

    ○自律神経系・・・交感神経系と副交感神経系よりなる
    ・交感神経系・・・胸髄および腰髄の側柱から発する。
    ・副交感神経系・・・中脳、橋、延髄の脳神経核および仙髄側柱から発す。
    ・二重支配・・・自律神経系は意志とは関係なく働く
            それぞれの臓器に対して交感と副交感の神経繊維が支配している。
            これら2系統の神経系は多くの臓器に対して相反する作用(拮抗支配)を持っている
    ※自律神経は末梢の効果器に達するまでに1度ニューロンを換える。
    ・節前線維・・・中枢から神経節までの繊維
    ・節後線維・・・神経節から効果器までの繊維
            交感神経はニューロンを換えるシナプスは交感神経節にある為、節後繊維の長さが節前線維より長くなる
            副交感神経は効果器近くでニューロンを換える為、節後線維の方が短い

    ○交感・副交感神経の伝達物質
     交感および副交感神経繊維の神経伝達物質は節前、節後繊維によって異なる。
    ・副交感神経・・・節前、節後神経共にアセチルコリンが神経伝達物質
    ・交感神経系・・・節前線維はアセチルコリン
             節後繊維はアセチルコリンまたはノルアドレナリンが神経伝達物質

    ○交感神経系と副交感神経系の作用

             交感神経系    副交感神経系
    瞳 孔       散 大       縮 小
    心 臓      拍動促進       拍動抑制
    胃、小腸      弛 緩       収 縮
    膵分泌       抑 制       促 進


    ・交感神経系と副交感神経系・・・各臓器に対して異なる作用をもつ。
     例)瞳孔に対しては交感神経系は瞳孔散大、副交感は縮瞳を起こす。
     一般に運動時には交感神経系が亢進状態となり心血管系の亢進、胃腸系の抑制状態となる。
     反対に睡眠や休息状態では副交感神経系が亢進状態となり、心血管系の抑制、胃腸系の活動が亢進する。
    関連記事




    [ 2012/12/22 22:00 ] 解剖生理 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。