変形性関節症(OA) 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 変形性関節症(OA)ホーム > 整形外科 > 変形性関節症(OA)

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    変形性関節症(OA)






    <変形性関節症(OA)>
    関節軟骨のびらんを特徴とする関節炎。
     1次性のものと、外傷や疾患による2次性のものとがある。
     関節軟骨は軟化し、すりきれ、菲薄化し、軟骨下骨の象牙質化と辺縁部の骨棘形成を伴う。
     疼痛と機能障害を生じる。
     膝・股関節などの荷重関節を主に侵し、老年者によりよくみられる。

    ○変形性股関節症
     9割以上が女性で、そのほとんどで臼蓋形成不全が原因である
     分類:①1次性…原因不明のもの。日本では少ない
        ②2次性…臼蓋形成不全、先天性股関節脱臼、外傷などに続発するもの
     症状:疼痛、可動域制限、跛行、脚長差、Thomas徴候
     診断:X線検査により、関節裂隙狭小化、骨硬化、骨嚢胞形成などがみられる。
        その所見から、以下のように病期分類がなされる。
     ・前期股関節症・・臼蓋形成不全があるが、その他の異常はない
              治療:保存的治療
     ・初期股関節症・・関節裂隙のわずかな狭小化と荷重域の骨硬化像がみられる
     ・進性股関節症・・関節裂隙の明らかな狭小化と骨棘形成がみられ、荷重域の骨硬化と嚢胞形成が進行する
     ・末期股関節症・・関節裂隙の消失、骨棘形成による骨頭の変形と外上方移動がみられる
              治療:人工関節置換術
     治療:臼蓋形成不全に対する臼蓋形成術
        他、疼痛が高度な例に対しては骨切り術や人工股関節置換術も行われる

    ○変形性膝関節症
     変形性関節症の中では最も頻度が高く、50歳代以降の女性に好発する
     症状:罹患関節裂隙の疼痛、大腿四頭筋萎縮、関節伸展時の軋轢音、関節水腫
     診断:X線検査では、関節裂隙狭小化、骨棘形成、軟骨下骨硬化がみられる。
        特に関節裂隙狭小化は立位荷重時X線で顕著となる。
        高度になると、骨嚢胞形成や骨破壊がみられる。
        荷重時X線正面像での大腿骨-脛骨長軸のなす外角(FTA;正常値は177°程度)も重要で、180°を超えるO脚や、170°以下となるX脚がみられる
     治療:変形性膝関節症の保存的治療としては、体重の減量、大腿四頭筋訓練、足底板装具、ヒアルロン酸の関節内注入、消炎鎮痛剤の投与などが行われ、中程度の関節症までは有効となる。
        こういった保存的治療に抵抗する例や高度変形性膝関節症では、関節鏡視下デブリッドマン(軽症例で有効)、脛骨高位骨切り術(膝の内反を矯正するもので、中程度変形&60歳以下で適応)、人工膝関節置換(高齢&高度変形時に適応)などの手術的治療が施される
    関連記事




    [ 2012/12/27 18:00 ] 整形外科 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。