椎間板ヘルニア 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 椎間板ヘルニアホーム > 整形外科 > 椎間板ヘルニア

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    椎間板ヘルニア






    椎間板ヘルニア
    椎間板ヘルニアとは、椎間板の退行性変化に基づく髄核の脱出により、脊柱管内の神経が圧迫されて、神経症状が出現する病態をいう。腰椎と頸椎によく起こる。
     
    ○頸椎椎間板ヘルニア
     好発年齢は30~50歳、好発高位はC5-6、C6-7、C4-5の順である

    症状
    ①局所症状:後頭部・頸部~肩甲・背部の凝り、疼痛による頸椎可動制限
    ②神経根症状:主に一側の障害神経支配領域に一致した疼痛・筋力低下・筋萎縮・知覚障害・反射低下を認める
    ③脊髄症状:手指手掌に及ぶしびれ感が主体で、さらに体幹・下肢に広がる。腱反射亢進、手指巧緻運動障害、歩行障害などの痙性麻痺や、膀胱直腸障害が認められる他、上部頸椎のヘルニアの場合には、呼吸麻痺が起こることもある

    診断
    単純X線像では脊柱管前後径や椎間の狭小化、椎間可動性について観察する。MRIでは脱出髄核、椎間板変性、脊髄実質の形態変化や損傷程度を描出することができる。脊髄造影像では造影剤の欠損部位が認められる。椎間板造影はMRIの登場により行われる機会が減ってはきたものの、機能的診断には有用である

    治療
    ①保存的治療:頸椎カラーによる安静と固定、牽引療法、薬物療法など
    ②手術療法:脊髄症状が認められるか激しい上肢痛を訴えた時には手術の適応となる。
          術式の基本は前方除圧固定術

    ○腰椎椎間板ヘルニア
    好発高位はL3-4、L4-5、L5-S1である

    症状
    腰痛と片側優位の下肢痛が主体をなし、運動により増悪し、安静で軽快する傾向がある。大きな正中脱出ヘルニアでは両側性に下肢知覚運動障害や膀胱直腸障害が認められる

    診断
    単純X線像では脊柱管前後径や椎間の狭小化、椎間可動性について観察する。MRIでは脱出髄核、椎間板変性、脊髄実質の形態変化や損傷程度を描出することができる。脊髄造影像では造影剤の欠損部位が認められる。椎間板造影はMRIの登場により行われる機会が減ってはきたものの、機能的診断には有用である

    治療
    ①保存的治療:安静、コルセット、薬物療法、牽引、物理療法、ブロックなど
    ②手術療法:適応は、保存的治療抵抗例や明らかな下肢麻痺・膀胱直腸障害発現例で、術式としては顕微鏡下のヘルニア摘出術が現在主流となっている
    関連記事




    [ 2012/12/28 18:00 ] 整形外科 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。