中耳炎 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    中耳炎






    <中耳炎>

    ○急性中耳炎
     原因:急性上気道炎から耳管経由で続発性に起こることが多い。
        起炎菌としては、肺炎球菌とインフルエンザ桿菌が多い
     疫学:乳児(3~4歳)に好発
     症状:感冒症状が先行し、その後に耳痛、耳漏、耳閉塞感、伝音難聴。鼓膜の発赤・腫脹
     治療:抗生物質の投与、鼓膜切開による排膿

    ○滲出性中耳炎
     概念: 陰圧になった中耳腔に滲出液が貯留した疾患で、小児(5~6歳)に好発
     原因: 細菌感染が直接的な原因。耳管狭窄、耳管開放症、鼻・副鼻腔炎、アデノイド増殖症、上咽頭腫瘍などがあると起こりやすい
     症状: 耳閉塞感、伝音難聴。鼓膜の内陥(ツチ骨短突起の突出・光錐の消失を伴う)、ティンパノグラムでB型orC型
     治療: 耳管通気法で中耳腔に空気を送り込む(上咽頭に感染巣や腫瘍がある場合には禁忌)、鼓膜切開+鼓膜チューブ留置術、消炎酵素薬・抗アレルギー薬・マクロライド系抗生物質の投与

    ○慢性化膿性中耳炎
     概念: 急性中耳炎の炎症が完全に治まらず、排膿が不十分であったために、慢性の化膿巣が残存した病態
     原因: 細菌の薬剤抵抗性、宿主の免疫力の低下
     疫学: 激減&著しく軽症化している
     症状: 断続的な耳漏、伝音難聴、(一部で)乳突蜂巣の発育抑制
     治療: 鼓室形成術

    ○真珠腫性中耳炎
     概念: 中耳の角化重層扁平上皮とコレステロールの塊。
         通常は慢性中耳炎の結果起こるもので、上鼓室を中心に侵し、強い骨破壊性を発揮する
     症状: 比較的高度の伝音難聴、悪臭を伴う耳漏。その他、感音難聴の合併(混合難聴)、末梢性前庭性めまい、顔面神経麻痺、側頭骨の破壊(急性乳様突起炎、錐体尖炎)、耳性頭蓋内合併症(S状静脈洞炎・血栓、硬膜外膿瘍、化膿性髄膜炎、脳膿瘍etc.)
     治療: 鼓室形成術(原則として、外耳道後壁を残したclosed法)

    関連記事




    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。