精神疾患 薬物療法 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 精神疾患 薬物療法ホーム > 精神看護 > 精神疾患 薬物療法

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    精神疾患 薬物療法






    薬物療法

    ○抗精神病薬(神経遮断薬)

    特徴
    鎮静作用+抗幻覚妄想作用

    適応
    精神運動興奮or幻覚妄想を呈する多くの病態(非定型精神病、躁性興奮時、せん妄の興奮etc.)

    薬理作用
    シナプス後部のモノアミン受容体(特にドパミン受容体)の遮断

    代表的薬剤
    フェノチアジン誘導体(副作用:ムスカリン受容体遮断作用・交感神経α1受容体遮断作用が強い)
    ・クロルプロマジン、レボメプロマジン…鎮静作用が強い
    ・フルフェナジン、ペルフェナジン…抗幻覚妄想作用が強い
    ブチロフェノン誘導体(副作用:錐体外路症状が強い)
    ・ハロペリドール…抗幻覚妄想作用が強い
    その他の抗精神病薬
    ・スルピリド…もともと胃の粘膜防御因子増強薬。初期分裂病・うつ病に適応
    ・リスペリドン、オランザピン…5-HT受容体遮断作用を併せもつ新しい薬剤(非定型抗精神病薬とよばれる)。副作用が少なく、陰性症状に対する有効性も高いため、統合失調症の寛解後の維持療法によく用いられる

    副作用
    ・錐体外路症状…可逆性で、中枢系コリン薬(抗Parkinson薬)によって抑制されるパーキンソニズム、静座不能症、急性ジストニア(頭頚部などに発作性の運動亢進や筋緊張)の他、不可逆性の遅発性ジスキネジア(顔面などに生じる不随意運動)etc.
    ・自律神経症状…抗コリン作用(口渇、羞明、頻脈、排尿困難、便秘)、抗α1作用(起立性低血圧)etc.  
            ≪特にフェノチアジン誘導体≫
    ・高プロラクチン血症…女性で乳汁分泌性無月経≪特にスルピリド≫
    ・水中毒…低Na血症・脳浮腫(多飲+ADH不適合分泌に関連する)
    ・悪性症候群…全身状態が悪化している患者で、突然、高熱、歯車状~鉛管状の筋固縮、意識変容、自律神経症状などを呈する。放置すると、筋融解によってミオグロビンが血中に逸脱し、褐色尿を呈し、最終的には急性腎不全に至る。治療としては、使用薬剤の中止+大量の輸液+ダントロレンの静注(orブロモクリプチンの内服)が行われる

    ○抗うつ薬
    特徴:意欲亢進作用+気分改善作用+不安解除作用
    代表的薬剤:三環系抗うつ薬・四環系抗うつ薬
    作用点:シナプス前部のモノアミン(特にNAと5-HT)の再取り込み阻害
    適応:うつ病、パニック障害、強迫性障害、遺尿症
    薬剤:
    ・イミプラミン③…気分改善効果に優れる、副作用が強い
    ・クロミプラミン③…気分改善効果に優れる、静注可能、副作用が強い
    ・アミトリプチン③…不安解消作用に優れる(特に焦燥感の強いうつ病によく使う)、副作用が強い
    ・アモキサピン③…比較的新しい、副作用が少ない、幻覚妄想を伴う特殊なうつ病によく使う
    ・マプロチリン、ミアンセリン、セチプリチン④…副作用が少ない
    副作用:ムスカリン受容体遮断作用(抗コリン作用)
        ・・羞明、水晶体の調節障害、口渇、排尿困難、便秘、麻痺性イレウス、眼圧上昇etc.
    交感神経α1受容体遮断作用…起立性低血圧、頻脈
    ヒスタミンH1受容体遮断作用…眠気

    ○選択的セロトニン再取り込み阻害薬
     作用点:5-HTの再取り込みのみを選択的に阻害
     特 徴:マイルドな気分改善効果
     副作用:非常に少ない(抗コリン作用もα1受容体遮断作用もH1受容体遮断作用もほとんどない)
         スルピリド…少量投与時に、意欲亢進作用が得られる

    ○気分安定薬
     
    特徴:躁状態を改善する作用+躁状態とうつ状態の周期的出現をストップさせる作用
    代表的薬剤
    ・炭酸リチウム(Li2CO3)
     マイルドな気分安定化作用をもつが、遅効性。
     治療有効濃度と中毒濃度が近いため、常にTDMを行う必要がある
    ・カルバマゼピン
     本来は抗てんかん薬
    副作用 (主に炭酸リチウムについて)
    中濃度では、嘔気・食欲不振・腹部不快感などの消化器症状、手指の小刻みな振戦、続発性腎性尿崩症による多尿など。
    高濃度では、運動失調やせん妄を含む意識障害、痙攣、眼振など

    ○抗不安薬
    ・ベンゾジアセピン誘導体 (BZ)  
    作用:抗不安作用+筋弛緩作用+鎮静催眠作用+抗痙攣作用
    作用点:GABA受容体-BZ受容体-Cl-チャネル複合体のGABAに対する感受性を亢進
    適応:パニック障害などを中心とする神経症性障害、てんかん、アルコールやバルビツール酸の離脱症状
    代表薬:ジアゼパム、ニトラゼパム、クロナゼパムetc.

    ・アザピロン誘導体  
     作用:抗不安作用に特化した5-HT1A受容体拮抗薬

    ○睡眠薬
    ・バルビツール酸系化合物  
     作用:精神活動を停滞させる 
     作用点:非選択性に神経細胞のCl-チャネルの開口時間を延長
     問題点:常用量と致死量が近い。精神依存・耐性を形成し、さらに身体依存を形成することがある(離脱症状が出現)
    ・ベンゾジアゼピン誘導体 (BZ)  
     作用:多くはREM睡眠を抑制
     分類:超短時間型(トリアゾラム、ミタゾラムetc.)、
        短時間型(エチゾラムetc.)、
        長時間型(ニトラゼパム、エスタゾラムetc.)、
        超長時間型(フルラゼパムetc.)
     副作用:眠気(長時間型では日中の眠気、短時間型では日中の不安)、前向健忘、服薬中止後の反跳性不眠・不安(←身体依存による)

    ○抗てんかん薬
    ・バルプロ酸(VPA)  
     作用点:GABAの作用を増強+Na+チャネルを遮断
     適応:最も広いスペクトルをもつ。
        全般発作では第1選択薬、部分発作に対しても第1~2選択薬
     副作用:一般に軽微だが、催奇形や中毒性肝障害が起こることがある
    ・カルバマゼピン (CBZ)  
     作用点:Na+チャネルを遮断
     適応:部分発作に対して第1選択。その他、三叉神経痛の治療にも用いられる
     副作用:ふらつき、複視、血液障害、続発性SIADHによる低Na血症etc.
    ・フェニトイン(PHT)  
     作用点: Na+チャネルを遮断
     適応:部分発作に対して第1選択。その他、三叉神経痛の治療にも用いられる
     副作用:中毒症状(歯肉増殖、多毛、眼振、複視、小脳失調、意識障害、骨軟化症、くる病etc.)を起こしやすい
     注意:有効血中濃度と中毒濃度が近く、TDMを頻繁に行う必要がある
    ・エトスクシミド (ESM)  
     適応:欠神発作
     副作用:嘔気・食欲不振などの消化器症状のみ
    ・ジアゼパム・ニトラゼパム・クロナゼパム
     種類:ベンゾジアゼピン誘導体(BZ)
     作用点:GABAの感受性を強める
     問題点:長期連用により耐性・常用量依存が起こる(→投薬中断後に、反跳性不眠・不安などの離脱症状が出現)
     副作用:日中の眠気・活動性の低下(←鎮静睡眠作用による)
     適応:てんかん発作重積状態には、ジアゼパムの静注
    West症候群やLennox-Gastaut症候群などの症候性全般てんかんには、ニトラゼパムやクロナゼパムの経口投与
    ・フェノバルビタール (PB)  
     種類:睡眠薬であるバルビツール酸系誘導体
     作用点:神経細胞のCl-チャネルの開口時間を延長させる
     適応:妊娠・出産を控えた女性のてんかん発作(欠神発作を除く)
     副作用:日中の眠気・鎮静(成人)、多動(子供)、投薬中止後の離脱症状(←身体依存による)

    ○精神刺激薬
     作用:中枢神経の覚醒水準を高め、運動機能・知覚機能などを増強する
     適応:ナルコレプシー、小児の注意欠陥/多動性障害etc.
     代表的薬剤:メチルフェニデート、ペモリンetc.

    関連記事




    [ 2012/12/27 20:00 ] 精神看護 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。