その他の精神科治療 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > その他の精神科治療ホーム > 精神看護 > その他の精神科治療

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    その他の精神科治療






    その他の治療

    ○電気痙攣療法(電気ショック療法)
    身体療法の1つ。効果が比較的確実で、手技も簡便で、費用も安いことから、現在でも広く行われている

    方法
    左右のこめかみなどに電極を取り付け、50~60Hzの交流電流を100Vで2~3秒間通電する。
    すると、通電中は患者は強直性痙攣を生じ、通電終了後には間代性痙攣に移行する。
    治療後患者はもうろう状態となり、多くの場合そのまま眠ってしまう
    ※現在では、即効性のバルビツレートを用いて静脈麻酔をかけ、その上で筋弛緩薬を静注して痙攣を起こさずに通電する方法も行われている

    適応
    薬剤の効果が不充分な統合失調症とうつ病etc.

    禁忌
    てんかんなどの脳の器質的疾患を持つ場合、心疾患を有する場合

    副作用
    前向健忘、胸椎の圧迫骨折

    ○精神療法(心理療法)
    ・支持的精神療法
     患者の自我の弱い部分をサポート
     ⇒患者が症状に耐えて生活していけるだけの適応能力を身に付けさせる
    ・表現的精神療法
     患者にとって未解決の情緒的体験をできるだけ自由に話してもらう
     ⇒うっ積していた感情がぶちまけられ、緊張が解除される
    ・洞察的精神療法
     自我の弱い部分を明らかにして、その原因を探求することにより、自我の支配領域を拡大させる。 
     Freudによる精神分析療法(神経症性障害がよい適応)、
     Heideggerによる現存在分析療法、
     Rogersによる非指示的精神療法などの方法がある
    ・訓練療法
     森田療法(恐怖症性不安障害・パニック障害・強迫性障害・心気症性障害・不眠症などがよい適応)、 
     吉本による内観療法、Schultzによる自律訓練法、行動療法、認知行動療法などの方法がある
    ・集団精神療法
     心理劇、遊戯療法などが行われる
    ・家族療法
     患者を取り囲む家族環境に問題があるすべてのケースで適応となる

    ○作業療法
     作業活動を通じて、障害された精神機能の回復・維持・開発を促す治療法
     機能:精神症状の改善、対人関係の再建(特に慢性期の統合失調症に対して効果を発揮する)、
        職業訓練、リハビリ

    関連記事




    [ 2012/12/28 20:00 ] 精神看護 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。