バーセルインデックス (Barthel lndex,BI) ADL評価法 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > バーセルインデックス (Barthel lndex,BI) ADL評価法ホーム > 基礎看護学 > バーセルインデックス (Barthel lndex,BI) ADL評価法

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    バーセルインデックス (Barthel lndex,BI) ADL評価法






    バーセルインデックス (Barthel lndex,BI) ADL評価法

    代表的ADL尺度のうちのひとつで、わが国でもリハビリテーション医学の領域で比較的普及しています。
    ADLは基本的日常生活動作(ADL)と手段的日常生活動作(IADL)に大別されます。
    BI(1965年)は基本的日常生活動作(ADL)の評価法のひとつです。
    最近ではGrangerによる改訂版BIが一・般的に用いられます。
    BIは13項目からなり,要介助と自立の基準があり、得点が配されています。
    規準にあわないときは0となり、総得点は最高100、最低0となります。
    BIが60以上では介助が少なくなり,40以下ではかなりの介助を要し,20以下では全介助となります。


    1) 食事
    10 : 自立。自助具などの装着可。標準的時間内に食べ終える。
    5 : 部分介助(たとえば、おかずを切って細かくしてもらう)。
    0 : 全介助。

    2) 車椅子からベッドへの移乗
    15 : 自立。ブレーキ・フットレストの操作も含む(歩行自立も含む)。
    10 : 軽度の部分介助または監視を要す。
    5 : 座ることは可能であるがほぼ全介助。
    0 : 全介助または不可能。

    3) 整容
    5 : 自立(洗面、整髪、歯みがき、ひげ剃り)。
    0 : 部分介助または全介助。

    4) トイレ動作
    10 : 自立。衣服の操作、後始末を含む。ポータブル便器などを使用している場合はその洗浄も含む。
    5 : 部分介助。体を支える、衣服・後始末に介助を要する。
    0 : 全介助または不可能。

    5) 入浴
    5 : 自立。
    0 : 部分介助または全介助。

    6) 歩行
    15 : 45m以上の歩行。補装具(車椅子、歩行器は除く)の使用の有無は問わない。
    10 : 45m以上の介助歩行。歩行器の使用を含む。
    5 : 歩行不能の場合、車椅子にて45m以上の操作可能。
    0 : 上記以外。

    7) 階段昇降
    10 : 自立。手すりなどの使用の有無は問わない。
    5 : 介助または監視を要する。
    0 : 不能。

    8) 着替え
    10 : 自立。靴、ファスナー、装具の着脱を含む。
    5 : 部分介助。標準的な時間内、半分以上は自分で行える。
    0 : 上記以外。

    9) 排便コントロール
    10 : 失禁なし。浣腸、坐薬の取り扱いも可能。
    5 : ときに失禁あり。浣腸、坐薬の取り扱いに介助を要する者も含む。
    0 : 上記以外。

    10) 排尿コントロール
    10 : 失禁なし。収尿器の取り扱いも可能。
    5 : 時に失禁あり。収尿器の取り扱いに介助を要する者も含む。
    0 : 上記以外。
    関連記事




    [ 2013/03/29 13:00 ] 基礎看護学 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。