顆粒球吸着療法(GCAP) 看護学生嘆きの部屋

    看護学生がんばれ!看護師国家試験対策。隣地実習対策。解剖生理、病態生理。検査、基礎看護から各論まで。資料満載です!

    ホーム > スポンサー広告 > 顆粒球吸着療法(GCAP)ホーム > 消化器 > 顆粒球吸着療法(GCAP)

    スポンサーサイト






    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。




    [ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

    顆粒球吸着療法(GCAP)






    顆粒球吸着療法(GCAP)

    炎症性腸疾患に対して使用可能。
    本法は炎症の原因となりうる顆粒球を選択的に除去および機能を変化させることによって炎症を鎮める効果がある。
    潰瘍性大腸炎に対して2000年4月より保険適用となった。
    また2009年1月からはクローン病に対しても保険適用となった。

    ○顆粒球とは
    顆粒球は白血球の中の1つで、元来は外から入ってきた細菌やウィルスなどから体を守る、生態防御として大切な役割をもった血球。
    しかし、炎症性腸疾患の患者の腸には、白血球(特に顆粒球)が集まり、本来守るべき自分の体の一部である腸を攻撃する。
    この状態が潰瘍を悪化させ、治癒を遅延させる。

    ○治療方法
    顆粒球吸着療法は、血液を一旦、体外に連続的に取り出し、炎症に関与している顆粒球を選択的に除去する顆粒球吸着器に通し、その後血液を体内に戻す。
    この様に血液を体外に取り出す治療法は体外循環療法(血液浄化法)と言い、日本や欧米ではいろいろな疾患や難病で数多く行われている。

    肘窩静脈(腕)もしくは大腿静脈を消毒後、専用の注射針付きカテーテル(管)で刺し、血液回路(体外に取り出された血液が通る管)とつなぎ、専用の血液循環装置を使って、血液を体外へ連続的に取り出す。血液を取り出す際には腕などの静脈から脱血するが、血液透析などのようにシャントと呼ばれる脱血用の血管を作っておく必要はない。
    取り出した血液は血液回路を経て顆粒球吸着器(アダカラム)を通り、再び血液回路を経て体内へ返される。
    体外で出た血液が血液回路やアダカラムの中で固まらないようにするため、臨床でも使われている抗凝固剤という種類の薬(商品名:フサン)を入れる。
    この薬は血液回路やアダカラムの中だけで働き、体の中に血液が戻る時にはほとんど効果がなくなるよう調合されている。

    効果を確認し、病状をみるために大腸内視鏡検査、血液検査等を定めた時期に行う。
    治療時間:1回60分(血液約1800ml、毎分30ml)
    治療回数:週1回×連続5週間(1セット)※1回の活動期に対して2セットまで可能
          治療は基本的には1回約60分の治療を5-10回行う。

    ○治療効果
    顆粒球吸着療法を行うと、下痢や血便、発熱などの症状、また、内視鏡的にも改善される結果となっている。

    ○副作用
    頭痛・嘔気・めまい等、体外循環特有の症状が約3%程度みられる。
    (いずれも一過性で軽度であったと報告されている。)

    ○医療費個人負担について
    活動期の潰瘍性大腸炎の重症、激症および難治性の患者、および栄養療法や既存の薬物療法が無効または適用できない、大腸病変による臨床症状がある中等症から重症の活動期クローン病患者が保険の対象。
    特定疾患医療費助成を受けている方は、顆粒球除去療法に対する特別な負担なし。
    非登録患者の場合は、1回の治療につき費用の3割をご負担する。

    関連記事




    [ 2013/04/26 13:55 ] 消化器 | TB(0) | CM(0)
    コメントの投稿













    管理者にだけ表示を許可する
    看護学生相談の部屋
    掲示板です。悩みや質問など、みんなで解決できますように。
    検索
    google
    rakuten


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。